Hatena::ブログ(Diary)

JUNの傾舞Kabuku-mai Twitter

Planet JUN Jun Amanto's official home page

Schedule



2017-09-22 天地人の祭

2017-09-02 身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」圀意 (ku

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」圀意 (kunii)」

ダンサーJUNの傾舞(kabuku mai)への想い⇒コチラ

f:id:dancingjun:20160901104455j:image

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です



偉大なエルダーであられたラコタのエルダーマービンと

兆しを見せるためホピから来られたカチーナ、「EOTOTO」に捧ぐ





With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.



鳳笙奏者 井原季子TOKIKO IHARA

【笙】 (japanese Shinto pipe organ flute)

f:id:dancingjun:20160806080819j:image

和歌山高野山の守護である丹生都比売神社にて巫女舞の修練中、笙と出会う。豊英秋氏、東康弘氏に師事。日本の伝統文化と精神性、そして世界に根ざした普遍性を探求しながら宇宙の根源となる音の表現を目指すべく日々研鑽を重ねつつ、国内外・寺社仏閣での奉納演奏をは じめ、様々なアーティストとの合奏を行う。

Tokiko IHARA first received training in ceremonial dance at Niutsuhime Jinja, the guardian shrine of Mount Koya, and temple of ascetic practice. She studied with Hideaki Bunno and Yasuhiro Higashi. She seeks the expression of light and sound, sources of the universe, exploring Japanese traditional culture and the spirituality and universality with roots across the world. Her performances are dedicated to temples and shrines, domestically and overseas, and often in collaboration with other artists and musicians.

f:id:dancingjun:20170202180743j:image



能面協力 / 林桃春(Toshun Hayashi)

 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN


PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

…地図  http://amanto.jp/groups/tengei/access/

…home page http://amanto.jp/index.php/groups/tengei/

OPEN: 19:00

DOOR: 19:30


FEE: 2000円


電話予約でワンドリンクサービス

06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          

06-6371-5840






【傾 舞 kabuku mai】とは

f:id:dancingjun:20110303140030j:image

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ

JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス。

技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを

駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため

彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。

この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

2017-07-01 身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)儺倭(Nai)」

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」儺倭(Nai) 」

ダンサーJUNの傾舞(kabuku mai)への想い⇒コチラ

f:id:dancingjun:20160901104455j:image

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です





With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.



鳳笙奏者 井原季子TOKIKO IHARA

【笙】 (japanese Shinto pipe organ flute)

f:id:dancingjun:20160806080819j:image

和歌山高野山の守護である丹生都比売神社にて巫女舞の修練中、笙と出会う。豊英秋氏、東康弘氏に師事。日本の伝統文化と精神性、そして世界に根ざした普遍性を探求しながら宇宙の根源となる音の表現を目指すべく日々研鑽を重ねつつ、国内外・寺社仏閣での奉納演奏をは じめ、様々なアーティストとの合奏を行う。

Tokiko IHARA first received training in ceremonial dance at Niutsuhime Jinja, the guardian shrine of Mount Koya, and temple of ascetic practice. She studied with Hideaki Bunno and Yasuhiro Higashi. She seeks the expression of light and sound, sources of the universe, exploring Japanese traditional culture and the spirituality and universality with roots across the world. Her performances are dedicated to temples and shrines, domestically and overseas, and often in collaboration with other artists and musicians.

f:id:dancingjun:20170202180743j:image



能面協力 / 林桃春(Toshun Hayashi)

 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN


PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

…地図  http://amanto.jp/groups/tengei/access/

…home page http://amanto.jp/index.php/groups/tengei/

OPEN: 19:00

DOOR: 19:30


FEE: 2000円


電話予約でワンドリンクサービス

06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          

06-6371-5840






【傾 舞 kabuku mai】とは

f:id:dancingjun:20110303140030j:image

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ

JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス。

技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを

駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため

彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。

この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

2017-06-03 身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」武紗(musa

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」武紗(musa)

ダンサーJUNの傾舞(kabuku mai)への想い⇒コチラ

f:id:dancingjun:20130405173513j:image



シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です





With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.



SOUND:


Vaiolin/ 秦 進一 Shinichi hata

Wood / 加藤吉樹 Yoshiki katou

能面協力 / 林 桃春 Toushun Hayashi 

 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN


PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

…地図http://tengei.atpk.jp/page_3

…home pagehttp://tengei.atpk.jp/


OPEN: 19:00

DOOR: 19:30


FEE: 2000円


電話予約でワンドリンクサービス

06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          

06-6371-5840







秦 進一 shinichi hata

【バイオリン】violin

f:id:dancingjun:20081124203137j:image




最初はクラシックを学ぶが、次第にポップスやジャズを演奏する様になる。その後、民族音楽と出会い、特にアラブ、ジプシーなど中近東、東欧の音楽を演奏。最近ではオリエンタル・ダンサー達とも共演。

現在、関西を中心に様々なバンドやユニットに参加し、クラシック、ジャズ、ポップス、アラビック、ジプシー音楽など、ジャンルにとらわれることなくより自由な表現を求めて、またヴァイオリンをもっと身近なものに感じてもらうべく日々演奏活動中。

加藤吉樹

【ウードOud】

f:id:dancingjun:20160229174432j:image

アラブ特有の即興演奏(タクシーム)に魅せられ、ウードをはじめる。 日本で常味裕司氏に師事。カイロにてDr.Khairy Amer、Hesham Essam氏に師事。またイラク人ウード奏者Naseer Shamma氏の主宰するウードハウスで学ぶ。2013年〜2015年にオペラハウスシネマセンター、Helwan大学などのエジプト各地やモロッコで公演を行う。「奥の音」と題してソロウードのライブを大阪市のカフェ futuroで定期開催。「しんきちさん」、「セントヒトヨ」他、多数のユニット、ソロで活動している。

http://yoshikioud.blog115.fc2.com




JUN

【傾 舞 kabuku mai】



傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ

JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス。

技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを

駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため

彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。

この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

2017-05-06 身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」JerusalemP

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」JerusalemPerformance 」

ダンサーJUNの傾舞(kabuku mai)への想い⇒コチラ

f:id:dancingjun:20170506094723j:image

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です


With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.


Voice Yukari Miwa

能面協力 / 林桃春(Toshun Hayashi)

 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN

Yuko Imazaike

PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

…地図  http://amanto.jp/groups/tengei/access/

…home page http://amanto.jp/index.php/groups/tengei/

OPEN: 19:00

DOOR: 19:30


FEE: 2000円


電話予約でワンドリンクサービス

06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          

06-6371-5840






【傾 舞 kabuku mai】とは

f:id:dancingjun:20110303140030j:image

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ

JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス。

技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを

駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため

彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。

この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

2017-05-05 Earth Caravan Performance 2017

Earth Caravan Performance 2017

f:id:dancingjun:20170506080628j:image

sound : Hiroki Okano & Koumei

dance : 天地流気 Amachiruki

Leira hitomi & Jun Amanto

JunAamantoさんとおどる、縄文と弥生の邂逅。そして新しい世界への夜明け。

三輪賀子

私は、自分の中の闇を包括したかった。

囚われてきた、自分の顔を塞いでみたかった。そのことで、それができる気がした。

わたしは、究極に私になりたかった。

そして、そこに向かった時それは、自動的に始まり、そして、一端終わった。


----------


今回、お面をつけて交流するという企画をしましたが、いったんそれはやめます!


縄文と弥生、女と男、そして、日本とイスラエル。

それぞれが陰陽の関係にある、これらが邂逅するとき、新しい時代は、はじまります。

そしてそれは、もう始まっています。

私は、三輪家として、この始まりに花束を贈りたい。

花を咲かせるのが、三輪家の仕事なのです。

Junさんが、イスラエルの地を訪れ、さまざまな伝説と暖かい場所を作った。

たくさんのユダヤ人のいのちを救った、杉原千畝の故郷といわれる、この八百津の地にJunさんをお招きすることは、凄く重要な仕事だと捉えています。



全てを抱いた、新しい夜明けを、みんなで祝福しませんか?


◆Jun Amantoさんプロフィール

http://amanto.jp/groups/planet-jun/profile/



----------

大まかなスケジュール **

● 14:00 〜 16:00

縄文と弥生、日本とイスラエルなどをテーマとして、JunAmantoさんのお話と、身体を動かしながらのワークをします。

● 16:00 〜 16:30

休憩・お昼寝タイム♡

● 17:00 〜 陽が落ちるまで

食事(外でバーベキューをします^^ジビエ有!野菜はもちよりとさせてください♡)

● 陽が落ちてから

真ん中で火を焚いて、音楽を奏でながら、みんなでおどります。

うたもうたいましょう!!!

※1000艶からでご宿泊いただけます。こころゆくまでお楽しみください。

●次の日の朝

水野家がお餅をついてくれます!つきたて餅をどうぞ!



================================

         

【会場】

           

八百津 三輪家   

岐阜県加茂郡八百津町久田見5599番地         

        

【日時】

5月5日(金)14:00〜

【参加費】

5500艶

《 FBのイベントページをシェアしていただいた方は、500艶引きとさせていただきます♪ 》

※お子様は参加費無料ですが、お食事代は、カンパとさせてください。

ご宿泊:1000艶〜

(1000艶からで、おこころのよいようにお支払いください)

☆バーベキューで焼くお野菜を持ち寄りとさせてください。

☆お料理の持ち寄りも大歓迎です!!

☆お酒などは各自ご用意ください。

※お子様は参加費無料ですが、お食事代は、カンパとさせてください。


【会場】

岐阜県 八百津町 三輪家

<アクセス>

公共交通機関はありますが、便が少ないため、できるだけお誘い合わせの上、お車でお越しいただくことをおすすめいたします。


◆お車で来られる方:

?ナビの入力をして現地を一度ご確認ください

※国道418号バイパス開通前の古いナビでは遠回りルートとなり、大幅な時間ロスと迷子のリスクがありますので、くれぐれも注意してください。住所は久田見ですが、久田見の街は通りませんのでご注意ください※

●ナビはグーグルマップの場合、「岐阜県八百津町久田見(くたみ)5999番地」が登録あります。※母屋の番地(5599番地)とは異なりますので、ご注意ください。

●その他、「久田見大平」と入力しても近くまで来られます。家は大平公民館の真ん前です。当日は看板を立てておきます。


?国道418号バイパス(通称、丸山バイパス)は「めい想の森」で右折します

●八百津町市街地から潮見集落方面に向かいます。徐々に勾配がきつくなります。観光名所「新旅足橋」の手前に鷲ヶ峰トンネルがあります。鷲ヶ峰トンネルの手前に「めい想の森」入口およびコミュニティバスの停留所があります。

●「めい想の森」方面に右折してすぐT字路がありますが、そこを左折(めい想の森とは逆の方向)します。あとは道なりです。


◆公共交通機関で来られる方:

?名古屋からは名鉄明智駅を目指します。

名鉄名古屋8:40発(犬山・新可児乗り換え)着9:43明智→¥920

●明智駅前10:04発(YAOバス)着10:29八百津ファミリーセンター→¥400

●八百津ファミリーセンター10:56発(コミュニティバス802)着11:14めい想の森→¥200


?岐阜からはJR高山本線で美濃太田駅を目指します(以下は第一部から参加の場合のモデルケースです。時間帯によっては中川辺駅が便利かつ安価なケースがあります)

●岐阜9:03発(特急ワイドビューひだ)着9:22美濃太田→¥500+特急¥320

●美濃太田駅前9:40発(東鉄バス)着10:15八百津ファミリーセンター→¥580

●八百津ファミリーセンター10:56発(コミュニティバス802)着11:14めい想の森→¥200


八百津町のバス路線の詳細は↓

http://www.town.yaotsu.gifu.jp/contents/view.cfm?id=885&g1id=6&g2id=34

ご来場のシミュレーションをお願いいたします。ご不明な点はお早めにイベントページ内でお問い合わせください。

      

【定員】

シンクロで集まる仲間たち。お待ちしております。

事前の予約は必須ではありません。

氣がむいたら当日誘いあわせてお越しください。



================================




◆Jun Amantoさんプロフィール

幼少より武道武術を嗜みスタントマン、大道芸人を経てパフォーマーに…。環太平洋の身体感から傾舞(かぶくまい)を創始。そこから生まれた独自のコンセプトEART(天然芸術)を使い願望達成から必然達成の時代を提唱。空家再生パフォーマンスなどで通りすがりの人1127人を巻き込み「Salon de AManTo 天人」スタート。現在、大阪中崎町を拠点に地域活性化を成功、天人グループとして14店舗を運営、アートエコビレッジ「Area AManTo」と呼ばれる。被災地支援や国際交流、国内難民の受け入れなど天然芸術家として仕事とボランティアを分けないライフスタイル「天人」を世界に文化発信している。

2017-05-03 Earth Caravan Performance 2017

Earth Caravan Performance 2017

f:id:dancingjun:20170506080628j:image

sound : Hiroki Okano & Koumei

dance : 天地流気 Amachiruki

Leira hitomi & Jun Amanto

2017-04-06 Kabuku mai at Midreshet Bengurion!!!

Merav Ktorza is hosting 'Jun Amanto'(a dancer and performer from Japan) at Midreshet Bengurion!!!

f:id:dancingjun:20170405121245j:image

6.4.2017/18:00- Dondish classroom in Midreshet Ben Gurion

אומן גדול מגיע מיפן 'Jun Amanto'

☆ הוא שחקן שהמציא Kabuku mai (שייך ל Buto ולמחול יפנית.

☆ הוא גדל עם אמנויות לחימה ומלמד את המיקוד של התנועה הפיזית המסורתית לפי Soujiku (Biaxiality. לרקוד דרך הגוף העיקרי) ומערכות אחרות.

☆ הוא הקים אתSalon de AManTo

בית קפה קהילתי מתן מקום לטפח רעיונות מגוונים ויצירתיים כי לשרת את האנושות.

☆ הוא דיירקטור של כפר אקולוגי המשתרעת Nakazaki, AManTo

18:00-19:00הופע Kabuku mai

with Jun Amanto ,Rei Honda,Yuko Imazaike

19:00-21:00 WS(soujiku)סדנה אומנות לחימה ותנועה מסורתי ושיחה

סדנה40 ₪

אנשים באים אחרי הסדנא עלות donation!!!!!



Let us introduce "Jun Amanto" to Israel!!

Great master is coming from Japan!

He is a founder of Kabuku mai(belongs to Buto and Japanese contemporay DANCE.

6,4(thursday)

18:00 kabukumai performance

19:00-21:00 WS (soujiku)martial arts performance and Japanese traditional movement

Talking circle

BETTER YOU COME!!Because it will be nice evening!!!

not so many optunities you can get in Israel to know about who is real master in japan.

He is such a intresting guy who is versatil to everything.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Kakuku mai

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun’s original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as Soujiku(= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style in island people of Pacific Rim countries. He kept researching for the physical characteristics in maritime people and organized the consiousness and skills all together.

https://www.youtube.com/watch?v=JBSsPoL1X-g

https://www.youtube.com/watch?v=dsFq4TFuA5o

Jun AManTO

Jun is a butoh dancer,performing worldwide his original Kabuku-Mai dance which is based on his discovery of the unique way that the ancient Japanese people aurally moved their bodies

the movemet,he realized, reflects harmonious way of living which is all about achieving the highest good of all beings.

and he suggests that relearning it can help us retrieve and remember the connection this modern society has lost

in 2001,he established a community-cafe Salon de AManTO to provide a space for nurturing diverse and creative ideas that serve humanity.

It led to be a big cultural movement that is known as `AMantTo Phenomenon`and it has attracted more than 100 shops, restaurants and galleries in its neighborhood.

By 2012 ,the movement has grown to become as eco village`Area AMant To`,with 11shops under the direct management.

The team has been also committed to working with local and global charities, such as supporting its recovery in Tohoku area,orgnizing events lice 'active lohas' and '365 earth day', and helping refugees.

The consistent effort and the determination of the team has been drawing much attention from the media overseas such as Korea,Philippiens and Indonesia.

http://amanto.jp/english/

2017-04-01 Kabuku Mai performance@East Jerusalem

f:id:dancingjun:20170329012506j:image

جون اماند

عارض اداء فني و راقصي ياباني معاصر ،قام بعدة عروض في مناطق اسيا و اوروبا

يستخدم جون الرقصة المعاصرة مرتبطة في المساحة و الفضاء المحيط بها فتختلف رقصاته حسب المساحة المتاحة في المكان ، لديه وجه آخر على أنه صاحب كافيه بدأت كمقهى ولكن في الوقت نفسه لنقل مزيج من الثقافة المحلية للعالم.

https://www.youtube.com/watch?v=JBSsPoL1X-g

https://www.youtube.com/watch?v=dsFq4TFuA5o


منذ حوالي 10 اعوام (في 2001)، جذبت البيت القديم الذي يقدر عمره ب ١٢٠ عام

الفنان وقام بتجديده وجعله مقهى de AManTo المجتمع في البلدة

http://amanto.jp/english/

سيقدم جون عرض رقص معاصر في كافيه باتيسري الكميست في القدس

العدد محدود التذكرة ٢٠ شامل مشروب ساخن او بارد

________________________________________________________

Kakuku mai

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun’s original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as Soujiku(= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style in island people of Pacific Rim countries. He kept researching for the physical characteristics in maritime people and organized the consiousness and skills all together.

https://www.youtube.com/watch?v=JBSsPoL1X-g

https://www.youtube.com/watch?v=dsFq4TFuA5o

Jun AManTO

Jun is a butoh dancer,performing worldwide his original Kabuku-Mai dance which is based on his discovery of the unique way that the ancient Japanese people aurally moved their bodies

the movemet,he realized, reflects harmonious way of living which is all about achieving the highest good of all beings.

and he suggests that relearning it can help us retrieve and remember the connection this modern society has lost

in 2001,he established a community-cafe Salon de AManTO to provide a space for nurturing diverse and creative ideas that serve humanity.

It led to be a big cultural movement that is known as `AMantTo Phenomenon`and it has attracted more than 100 shops, restaurants and galleries in its neighborhood.

By 2012 ,the movement has grown to become as eco village`Area AMant To`,with 11shops under the direct management.

The team has been also committed to working with local and global charities, such as supporting its recovery in Tohoku area,orgnizing events lice 'active lohas' and '365 earth day', and helping refugees.

The consistent effort and the determination of the team has been drawing much attention from the media overseas such as Korea,Philippiens and Indonesia.

http://amanto.jp/english

2017-03-30 Performance and workshop at Hebrew University

f:id:dancingjun:20170327211140j:image

Performance and workshop at Hebrew University

ヘブライ大学で、公演とワークショップ

dance Jun Amanto

Sound Rey honda

Work shop 天手Amante

18:00〜