Hatena::ブログ(Diary)

はけの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 05 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 |

2016-05-31(Tue)

EXCEL VBAメモ - Windowsライブラリの機能を呼ぶ

こんなこともできるということで、各DLLにどんな機能が入っているか知ってないと使えませんが。。。

64bitと32bit環境宣言の仕方が微妙に違うので注意。

参考


Option Explicit

'64bit PC
Private Declare PtrSafe Sub Sleep Lib "kernel32.dll" (ByVal ms As LongPtr)
Private Declare PtrSafe Function GetAsyncKeyState Lib "user32.dll" (ByVal vKey As LongPtr) As Long

'32bit PC
'Private Declare Sub Sleep Lib "kernel32.dll" (ByVal ms As Long)
'Private Declare Function GetAsyncKeyState Lib "user32.dll" (ByVal vKey As Long) As Long


Sub sleepSample() ' Sleepサンプル
    Sleep 2000
    MsgBox "2秒間経過"
End Sub


Sub keyInputSample() ' キー入力サンプル

    ' Qキー押下で停止
    Do
        If GetAsyncKeyState(vbKeyLeft) <> 0 Then MsgBox "←キーが押されました"
        If GetAsyncKeyState(vbKeyUp) <> 0 Then MsgBox "↑キーが押されました"
        If GetAsyncKeyState(vbKeyRight) <> 0 Then MsgBox "→キーが押されました"
        If GetAsyncKeyState(vbKeyDown) <> 0 Then MsgBox "↓キーが押されました"
        If GetAsyncKeyState(vbKeyQ) <> 0 Then Exit Do ' Qキー

        Call Sleep(1)
        DoEvents
    Loop
    MsgBox "終了"
End Sub

2016-04-12(Tue)

PC廃棄の際のHDDデータ消去

古いPC廃棄のためのHDDデータ消去メモ


Cドライブ以外(起動ドライブ以外や外付けドライブ

cipherコマンド使用する。

cipher /w:d:      Dドライブの場合

起動ドライブを含むHDDデータ消去

起動USBメモリ作成

データ消去ツールUSBメモリから起動できる様にするために、データ消去ツールiso等のイメージ書き込みを行う。またフリーDOSの起動USB作成できる。


DBAN(データ消去ツール

isoイメージをRufusでUSBメモリに書き込んで使用する。起動して表示されるメニュー(英語から消去方法、回数、乱数生成方式など選択して実行する。本格的な消去を行いたい場合使用

ただし一部PCでは何故か起動しなかった。


wipe-outデータ消去ツール

isoイメージでなく、usbイメージをrufusで書き込んで使用する。メニューは日本語表示なのでわかり易い。また簡易的な消去方法を選択できるので消去に時間をかけたくない場合に便利。

2016-04-10(Sun)

iTunesを新PCへ移動(Windows8.1→Windows10)

基本的手順は前回(Windows Vista→Windows8.1)と同じ。

ただしCドライブに余裕がないので音楽データバックアップデータは外部ドライブ(Lドライブ、64GB USBメモリ)に退避するようにする。


作業内容

cd C:\Users\○○\Music
mklink /d iTunes "L:\Music\iTunes"

cd C:\
mklink /d mp3 "L:\mp3"

cd C:\Users\○○\AppData\Roaming\Apple Computer
mklink /d MobileSync "L:\backup_ipod\MobileSync"

USBメモリのドライブレターを固定にする。

Windows10 SSDのCドライブの空きを増やす為に補助ストレージとして64GB USBメモリ(USB2.0)を購入。USB3.0製品もあったけれどもAmazonレビューをみると書き込み時の温度上昇がヤバそうなのでやめました。


基本的PCに挿しっぱなしにするのでドライブレターが変化しない様に設定。今回はLドライブとする。

  1. USBメモリを挿す。
  2. スタートボタン右クリックディスク管理
  3. 対象USBを選択→右クリックドライブ文字パスの変更
  4. 変更ボタンでLドライブに変更する。