haruko41の日記

2016-12-02

[] ブログを引越しします。 20:25

うまく写真が載せられないので、はてな日記からはてなブログに移行してみます。お手数ですが、今後はこちらのURLをご覧くださいませ。

http://haruko41.hatenablog.com/

今後は少しでも更新の頻度を上げてみたいな〜、と思っていますので見守っていただけると嬉しいです。しばらくは試行錯誤となることでしょうが、よろしくお願いします!

2016-11-29

[][]  感謝祭の休日 11:24

すっかりご無沙汰していますが、みんな元気に過ごしています。10月から11月にかけて京都の母が滞在し、並行してドイツからの友人親子も5日間過ごしていき賑やかな初秋でした。母と一緒に普段あまりしないランチに出かけたり、炉開きなどのお茶の行事にも参加できて楽しかったです。

九日間あった感謝祭の休日の前半は、通常どおり日本語学校に行き、宗旦忌でお点前をする機会をいただき、30人が集まるパーティがあったり、子供たちは新年度が始まってから滅多にできなかったプレイデイトをしたり忙しく過ごしました。後半は、三泊で中央〜北カリフォルニアまで出かけてゆっくりと家族団らんしました。

まずはPinnacles National Parkから。3年前に認定されたばかりのアメリカで一番新しい国立公園には、古代の火山活動でできた岩や洞窟がそのままの状態で残っているとのことです。写真で小さい子供たちが見えるでしょうか。

すーとけーはこんなところが大好き。

山の上の方にはこんな貯水池がありました。

モントレーの朝は快晴で絵にかいたような美しさでした。

モントレー水族館の一番の目玉の一つは世界最大という水槽です。二匹のウミガメをはじめ、シイラ、はまち、シュモクザメ、エイなどがのびのび泳いでいます。餌やりの時は特に、3万匹のイワシから目が離せません。研究施設も併設している分、他の内容も充実していて年会員になってしまいました。

友人夫妻を訪ねたパロアルトではロサンゼルスでは見られない紅葉に出会いました。友人によるともともとこの土地の植物ではなく外来種らしいのですが、少し秋らしい気分です。

散歩中にはシリコンバレー発祥の地、HPのガレージ前も通りました。当時は、二階建ての一階を貸していて、そこに彼らが住んでいたとのこと。奥のガレージには既にクリスマスリースが飾られています。

二年ぶりくらいにサンホゼのThe Tech Museum of Innovationを訪れました。

しばらく来ない間にかなりテッキ―になっていてビックリ。シリコンバレーからの寄付が手厚いのか、展示物も大幅に変わっています。

最終日の朝は大雨。荒れた海を見に行きました。Yoくんとけーだけが海に立ち向かっています。

モントレーには掘出し物のベーカリーがありました。パン好きの方は是非Parker-Lusseau Pastriesをお試しください。うちの近所にも一軒欲しいほどです。

2016-09-02

[] 新年度 11:22

新年度が始まり三週間が過ぎました。すーは10マイルほど離れた学校へ通うことになり、新しい生活サイクルが動き出しています。スクールバスのルート変更をしても今までより早く起きなくてはならないことに変わりなく、娘の睡眠時間確保のためにも、やはり朝はできる限り私が送っていくのが良いのかも・・・と思い始めているこの頃です。すーが違う学校に行くことを惜しんでいたけーも一年生になりました。二人の子供がやっと同じ学校になったと思ったのもつかの間(一年だけでも同じだったことをありがたく思おう)、それぞれの学校に親も本格的に関わっていくことになるのでしょう。

自然史博物館で開催中のPterosaurs展は、ジュラ紀から白亜紀にかけての飛翔動物に関するものでした。

プテロサウルスと言っても、小さいものはその辺の鳥サイズから、大きいものは広げた翼の端から端まで10メートルもあるものまで様々。考古学者の方々は、化石などの少ない材料から何を食べていたかなどそれぞれの生態をよくも調べてこられたものだと感心したことです。面白い試みとして、自分がプテロサウルスになって魚を捕獲するバーチャルゲームがあり、大人も子供も夢中になっていました。車酔いする私にはちょっとハードル高かったですが、三機も置いてあるのがいつも行列なほどの人気でした。おすすめです。

2016-08-14

[] ローマ 14:15

ご無沙汰しています。おかげさまで家族全員元気に過ごしています。夏の一大イベントはローマ旅行。夫の出張についていきました。とはいえ出発は別で、非日本語/英語地域に踏み入れるのは十年以上ぶり。極度の緊張状態で子連れ入国しましたが、初イタリア、永遠の都ローマにすっかり魅せられて帰ってきました。観光都市なので英語が大体通じるのもありがたかったです。2000年以上も前の遺跡、Foro Romano。カピトリーノの丘からは遠くにコロッセオも見えます。

コロッセオは大人気のため、人がいっぱい。暑さにやられた子供たちは終始不機嫌でしたが、私は大満足でした。毎日昼寝をして体力を保持し、涼しい夜に活動時間を充てるようにしていました。

子供たちのミドルネームは恐れ多くも女神ダイアナとジュリアス・シーザーにちなんだものなのです。それぞれ所縁のある何ものかに触れることができました。ボルゲーゼ美術館にあった絵画、右上にダイアナがいます。

Foro Julianoの近くに立つ銅像の後ろにこっそりけーが隠れています。

私にとってはBerniniの彫刻Apollo and Daphneが最大の出会いでした。きっと有名であろうBerniniですが、寡聞にして知らず。この彫刻にある背景のギリシャ神話すら知らない私でさえも引き付ける力に抗うことができませんでした。

少し故郷に似ているような気がして、もちろん歴史はもっと古いのですがまた是非訪れてみたいと思わさせるさすがの古都でした。塩野七生さんのご著書の数々、惣領冬実さんの漫画、マリオン・ジョーンズさんのご著書など、しばらくどっぷりとローマに浸っていました。ヨーロッパの密集具合も再認識しました。アメリカ、特に最西部のだだっ広いCAに住んでいるのとは違う感覚。もちろんLAでも人がたくさん込み合って生活していますが、その地に連綿と続く人類・文明の歴史の長短を感じた旅でもありました。

REIREI 2016/08/16 19:29 おかえりなさい。お約束通り、ブログ再開されて良かったですね。ところで折角のお写真が 見えないのですが。。。 私の方で何かしないといけないのでしょうか?

haruko41haruko41 2016/08/17 07:17 REIさま、ご指摘ありがとうございました。写真の設定を修正しました。そちらでも見れるようになっているとよいのですが・・・。

REIREI 2016/08/17 07:30 おはようございます。 今朝 修正されていまして、素敵な写真が一杯です。
ありがとうございます。楽しんでみておりますよ。

haruko41haruko41 2016/08/17 10:20 REIさま、見ていただけて良かったです。本当はもっと載せたい写真があったのですが・・・。また近況を更新したいと思います。

2016-03-24

[] 三月中旬 16:46

現地校も日本語補習校も、名実ともに春休みに突入しています。その前にあったのが、St. Patrick Day。アイリッシュであろうとなかろうと、緑の服を着ましょうと学校からのアナウンスがあります。その日にプレイデイトをした娘は、お友だちとLeprechaun Trapを作成しました。レプリカンという妖精を捕まえると幸福になれるという言い伝えがあるそうです。

その翌日は、けーのみSpring Flingがありました(二年前、すーのキンダーの時の様子はこちらの下の方スクロールしてください。今年は皆でスナックをいただいて一遊びした後、人参の種を皆で植えます。イースターのウサギを意識しているんでしょうね。

他のアクティビティを待っている間、担任の先生が読み聞かせをしてくれました。マッチデーということで、先生はじめ生徒もテーマカラーの青を身に付けています。

放課後プログラムのサッカーを頑張っているけーの様子です。遠くの方におります。

日本語補習校の年度終わりは珍しくお昼までだったので、長らく行けていないLACMAへ向かいました。目当ては翌日で会期終了のFrank Gehry展。この左のもこもこした壁は日本製の硬化ゴムだそうで、曲線を建築に取り入れるというのもゲーリーの興味の対象だそうです。

家屋、商業施設など多様な模型が山のように展示されていました。これはスペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館。NYのグッゲンハイム美術館(フランク・ロイド・ライト設計)が大好きなのでビルバオの方はあまり興味がなかったのですが、俄然行ってみたくなりました。近場のヴェニスなどにも建物見学に行ったら楽しいかも。カナダ・トロント出身のゲーリーからLAへのラブレターもあって、この土地柄との相性というのもあるんだあろうな〜、と思わされました。

久々に週末らしく過ごした続きは、ミニゴルフ。前回よりも親の聞く耳を持つようになり、親たちとすーはスコアをつけて楽しみました。

春休みは普段行きたくても行けないところに行こうということで、第一弾はこちら。

物理を遊びながら学ぶエリアは、自分たちの手を動かして、体でいろいろ感じられます。ここで作ったローラーコースターは他の子どもたちにも人気でした。

けーがすーを乗せて漕いでいました。大きくなったものだ。

Orthodontist(矯正歯科医)でレントゲンを撮られているすーをパパラッチ。半年余りの顎を大きくする治療でまず上あごの器具が取り外されました。

春の花たち1。日本語補習校の卒業式からお福分けいただいた桜はこれぞ桜!という風情。LAにも沢山桜はありますが、この花弁・この枝の肌にはなかなか出会えないのです。

春の花たち2。すーにシロツメクサの花冠を教えてほしい、と言われたのですが、こちらのシロツメクサは茎が短くてすぐに切れてしまいます。四苦八苦しました。

春の花たち3。ラナンキュラスです。年中店頭に並ぶチューリップと比べると、この花は春だけのお目見えなのです。

春の花たち4。藤が綺麗に咲いているのも見つけました。

春の花たち5。小学校のファーム前のブーゲンビリアもわさわさと茂っています。白い花も何とか見えますでしょうか。

GIBOGIBO 2016/03/25 08:37 楽しい!美しい!の日記でした。子供の手ごたえがあるから、いろんな経験をさせてやるのがうれしいですね。親も子も立派です。

haruko41haruko41 2016/03/27 08:47 GIBOさま、春休みは時間に余裕のある分、子供たちに向き合えて嬉しいです。成長期の毎日を見守れる幸せをありがたく思っています。

2016-03-07

haruko412016-03-07

[] 三月第一週 09:54

ようやく春のリースを作り、玄関のドアに飾りました。二月の半ばまでホリディシーズンのリースをかけっぱなしにしていたのに気づいていませんでしたから。

そしてぎりぎりになってお雛さまも出しました。里の母が日本から運んでくれたもの、やはり毎年お顔を見たいし、子供たちにも見せたいです。

同じ日が、けーの担任の先生のお誕生日。すーもキンダーでもってもらって大好きな先生に皆で相談して、赤いベースに黄色いお花のアレンジメントを作りました。

その夜、学校で催されたのがFamily Reading Night。一か月の読書月間のラストスパートの行事で、In-n-Outのトラックがハンバーガーを販売したり、

ピザやベークセールで腹ごしらえし、パジャマやローブ姿の子どもたちが十分駆け回った後、いくつかの部屋に分かれて読み聞かせが行われます。けーと一緒に参加した二部屋はどうやらエンタメ業界のお父さんたちがボランティアで読んでくれて、「〇〇っていうテレビ番組に出ているアクターでしょ?」と小学生に質問される場面もありました。さすがに上手です。

すーの先生がお世話している蝶々用の花壇で見つけたモナークバタフライの幼虫です。始業前に、子供たちがカタツムリを排除するお手伝いをしているときに見つけました。

こちらはさなぎから出たばかりのモナーク。左に透明なさなぎが見えるでしょうか。

お友だちから日本のお土産でいただいたアンテノールのクッキー。こういう意匠は日本の得意技ですね。

Yoくんが出張で留守なので、久しぶりにけーとヤマハへ行きました。つかえながらも頑張っています。

すーがお誕生日会に参加している間に、公園でけーとサッカー遊びをした一幕。

REIREI 2016/03/10 07:42 父兄にプロの方が多い地域だと 学校の行事も楽しそうですね。ボランティアして頂けるのは有り難いですね。 お子さま方 日本では経験できないようなバラエティーに富んだ学校生活で 羨ましいくらいですよ。 大きくなられましたね。将来が愉しみです。

haruko41haruko41 2016/03/10 19:00 REIさま、この小学校は保護者の関わりが非常に密接で、PTAに値するものが二つあるほどなんです。その分資金集めのファンドレイジングも盛んで、子供たちは質の高い教育を受けられてありがたいです。子供たちの性格や得意なところなどがはっきりと出てきました。それぞれをしっかり見て行きたいと思っています。

2016-02-29

このところ暖かいLAです。

[]  ご無沙汰しております。 13:29

すっかり間が空いてしまいました。家族全員、元気に目まぐるしく過ごしています。小学校の読書月間で、すーは一か月で3000時間だか4000時間だかを目指して、ひたすら読み続けています。学年上位になると朝礼で校長先生に何かを投げつけることができるらしいです。けーは学校ではバイオリンレッスン、放課後プログラムではサッカーを始めて、新しい世界に接し、楽しんでいます。私たち夫婦は四月から日本語補習校の父母の会役員を務めることになり、新年度に向けての準備に取り組んでいるところです。台所のヒヤシンスが開花して、とても良い香りを放っています。子供のころに水栽培していたのを思い出します。

2015-12-22

[]  ホリディシーズン2015 10:50

まずはすーのライオンキングの発表会です。

生徒用のドレスレハーサルを就学時間中に一回、外部向けの本番が週末に二回あります。外部と言っても家族や友達など関係者が殆どで、かつ五ドルのSuggested donationが求められます。すーはとても楽しんで群舞として参加しました。親としてはその方が出番が多くて嬉しい。

これが全キャストとスタッフ。場所柄、演技指導、セット、照明、衣装、メイクなどのレベルが高く、予想以上の舞台でした。

一日目のお花。

二日目はすーの好きなブルー系で。次回からはもっとかわいいサイズのを作ります。

子たちと一緒に苺のショートケーキを作りました。私が子供の頃に愛読していたこの本を参考にしました。

こどもがつくるたのしいお菓子

こどもがつくるたのしいお菓子

アメリカではこういうケーキは殆ど見かけませんから、親の私が嬉しい。子供たちもホイップクリームの飾り付けに大興奮でした。

切り口も美しいではありませんか。自画自賛。こちらではこの構造からLayered cake(レイヤードケーキ)と表現します。

ある日のけーの宿題。作文の練習が始まりました。I like to play blocks. I like to play with my penguin.

けーのお友だちの誕生会と送別会のために作ったカード。

十月に受験した漢字検定の結果が戻ってきました。すーは十級。

私は準二級。

お次はホリディショー。今年は二人とも同じ学校で助かります。キンダーのけーは、Mele KalikimataとMy Dreidel、二年生のすーはFeliz NavidadとEight Nights of Hanukkahでした。

三年生のCalifornia Jingle Bellsは、どうやらずっと前にLA学校区の先生が雪のないクリスマスについて替え歌をしたのが始まりらしく、サングラスをかけて歌うのがお約束みたいです。

三年前のホリディショーの記事はこちら。まだ小さいです。 http://d.hatena.ne.jp/haruko41/20121214

これはYoくんがホワイトエレファントでもらってきたサイエンスクラフトキット。

家周りも少しずつホリディらしくしています。リースもアップグレードしました。

バーエリア(バ−としては使ってないですが)。

ここに落ち着くまでが大変だったクリスマスツリー。

冬休みに入ってすぐのおよばれの手土産用に作ったMocha Icebox Cakeです。これは簡単で特に女性に大人気なのでお勧めです。レシピはこちら→http://www.foodnetwork.com/recipes/ina-garten/mocha-chocolate-icebox-cake-recipe.html

これを持っていこうと用意していたおよばれは、けーの突然の嘔吐により延期。その二日後すーにも伝染しましたが、今は落ち着いています。この休みはどこにも行かずにのんびり過ごす予定で、二年ぶりにお節も作って日本らしい雰囲気で新年を迎えたいと思っています。その前にクリスマスだ。

GIBOGIBO 2015/12/25 03:10 見るだにわくわくするHoliday Seazon!
子どもたちの活躍がちゃくちゃくと頼もしいですね。
嘔吐事件もあったとか、おさまってよかった。

reirei 2015/12/27 17:33 さすが ハリウッドのお近くだとPTAに本物のエンターテインメント関係者が沢山居られて、ボランティアと言えども プロのお仕事ですね。演じるほうも楽しそうでしょう? 親の方がドキドキしたり?よいお正月をお迎え下さい。

haruko41haruko41 2015/12/29 09:58 GIBOさま、子供中心のホリディシーズンです。LAはそれほど寒くもなく雪も降らなくとも、一番町中が浮かれて(ショッピングエリアでは殺気立つ人もいて)落ち着かないですが良い時期です。その後家族全員に嘔吐がまわりやっと平常に戻りつつあります。

Reiさま、群舞ですので少々の間違いもドキドキせずに済みました(笑)。何よりも本人や子供たちが楽しんでいる姿を見れたのが嬉しかったです。スタッフの人にもやはりいくばくかの謝礼は払っているかもしれないと思います。またお目にかかれるのを楽しみにしています。

2015-12-08

少しはホリディらしくなったかな。

[]  あっという間にホリディシーズン 10:18

ハロウィーンを迎えるとあっという間に新年というパターンを今年も踏襲しています。右はやっと作った冬のリース、といっても買ってきたボウと学校で拾った枝をくっ付けただけの簡単版です。

二人の子供たちが同じ学校に行き始めて自分の時間が増えたはずが、思いのほかボランティアに時間を割かれ、子供のお稽古ごとの付き添いや宿題の世話など、時間が過ぎるのがあっという間です。

11月のある週末は、けーの提案でLAの象徴の一つであるHollywood Signを見に行くことに。

麓からのトレイルは結構な崖登りで大変。

尾根歩きなどの景色はそれだけの甲斐がありました。

また別の週末には初めて真の茶事にも参加する機会を得て、貴重な経験をさせていただきました。

Turkey Trotという感謝祭前の恒例のイベントでは、けーが学年のテープカット、すーが先導して走る役割を担いました。毎朝始業前に参加しているランクラブでけーは学年一位、すーは二位だったご褒美です。右端の小さいのがけー。大きいオレンジ色は父兄による七面鳥の着ぐるみです。アメリカ人って本当に陽気。

同じ週には保護者面談のため授業時間が一時間短縮になり、急に冷え込んで喉風邪をひくしでてんやわんや。それぞれの担任の先生とゆっくり話せて良かった。Kと一年生は15分だったのが、二年になると30分も時間を取ってくださったのに足りないくらいでした。

感謝祭の前日は、お友だち家族の招待で初Six Flags Magic Mountainで一日遊びました。

ローラーコースターはほぼ二年前のこの時以来ですが、驚くなかれすーは相当な数の絶叫マシーンに乗れてもう病みつき。けーも乗り物酔いをする私よりも楽しんでいました。LAには珍しい秋らしい風景も見られました。

感謝祭は日本からサバティカルで滞在中のNファミリーと一緒に過ごしました。ターキーは新しいブライン法を取り入れて焼きました。元々はあるご家庭のレシピだったのがだんだんうち流になってきました。感謝祭の料理は日本におけるお節みたいな位置づけです。

Yoくんの切り分けも堂に入ってきましたよ。お土産にいただいたチョコレートが感謝祭らしくて可愛らしいでしょ。

そんな中、すーが学校から持って帰ってきたメモに母は感動しました。基本的に仲良し姉弟ですが、たまに弟にきつくあたるすーがこんなことを考えていたとは。

(私のヒーローは弟です。だって寂しいときテディベアが元気づけてくれないときも一緒に遊んでくれるから。)ってあなたに寂しい時があるってお母さん知りませんでした・・・。

久しぶりに高校時代の親友と海辺でランチで嬉しいひと時。

食事しながら何とクジラの汐吹やしっぽが二回も見れたのに感動。今までのホエールウォッチングでもしっぽは見たことがなかったのです。食事もキーライムケーキも美味しかった。

すーはハリーポッター熱は冷め、ミステリー好きの彼女に次に用意してみた本はシャーロック・ホームズです。少し早いかとも知れないけど、どうやら楽しんでいる様子。

12月に入ってYoくんが十日ほど留守にしていますが、これまでにないほど子供たちの成長を感じます。すーが朝も夜もスケジュールを守ってけーを引っ張ってくれるので、ほぼいつもと変わらず生活できています。

今週は娘のライオンキングの舞台があり、ホリディブティックがあり、来週はホリディショー。既にユダヤ教のお祭りハヌカは始まっているし、お節や来年早々のすーの誕生日についても考えなければ、その前にクリスチャンじゃないけどクリスマスか…と頭の中は脈絡もなく蠢いておりますが、今のところ何となく落ち着いた年末です。

皆さまも良い師走をお過ごしくださいませ。

tokyokidtokyokid 2015/12/19 14:39 harukoさま、有難うございます。よい師走を迎えつつあります。ハリウッドのサインのところには行ったことがありませんでした。こんなに景色がいいところだったのですね。この日はスモッグもなくて、青空でよかった。

haruko41haruko41 2015/12/21 13:14 tokyokidさま、良い師走をお過ごしとのこと、何よりでございます。ハリウッドサインにはもっと簡単に行けるルートもあるみたいです。崖登りを頑張ったからか、景色も良いご馳走でした。良いお年をお迎えくださいませ。

2015-10-31

[] ハロウィーン 09:50

ホリディシーズンの到来を告げるハロウィーン、今年も無事に終わりました。

まずはジャックオーランタンづくりから。パンプキンの中をきれいに掃除しているところ。

取った種はけーのリクエストでローストしてスナックに。今年のパンプキンはちょっと売れすぎていたのか種から芽が出ているものもあったので、固かった・・・。

左がゴースト、右はBooです。

おどろおどろして、けー曰く”Oh, Spooky‼”。Spookyとは「気味が悪い」とか「不気味な」という意味で、ハロウィーンでは良く聞かれる言葉です。

前日は恒例の小学校でのパレード行事。分かりにくいですが、この写真の真ん中にキャノピーがあり放送席になっていて、音楽やらMCやらが入ります。保護者のボランティアなんでしょうが、場所柄もあって進行がプロフェッショナル。

生徒はもちろん先生方は全員、保護者もしたい人は仮装しています。これはある学年の先生方。スクラブルというゲームを模しています。

うちの子たちは去年と同じで、けーは宇宙飛行士、すーは孔雀です。すーの良い写真がなかった。

パレードの後、キンダーの子たちにはパーティが待っています。輪投げをしているところ。後ろに立っている担任の先生はレイア姫、校長先生もレイア姫でした。新作映画がもうすぐ公開という盛り上がりか、今年はスターウォーズねた多し。

ハロウィーン当日は子供たちは別行動ということで、それぞれお世話になる先にお花を作りました。

すーを親友Mちゃんの家族に預けてから、けーと一緒に素敵に飾り付けられたお家のパーティへ。

少し遊んで腹ごしらえをしてから、いざ出陣です。このお家のライトアップはかなり現代的で渋かった。

赤ちゃん入れて子供13人にお供の大人が付いて、練り歩きましたよ。前庭にHaunted house(お化け屋敷)を手作りしているお家もあって、楽しい。けーも流石キンダーになっただけあって、しっかり歩いていました。

同じエリアをTrick or treatingしているはずの娘とは、最後の最後でばったり会って一緒に帰ることができました。いただいたキャンディは少し好きなのを取り分けて、残りは学校〜歯医者さん経由で海外に派遣されている兵隊さんへ送ります。

小さいころからマナーを守ってTrick or treatingをしているので、アメリカでは老いも若きも(好きな人は)思う存分ハロウィーンを楽しんでいます。

去年以前の様子はこちら↓。

http://d.hatena.ne.jp/haruko41/20141031(下の方にあります)

http://d.hatena.ne.jp/haruko41/20131031

http://d.hatena.ne.jp/haruko41/20121031(最初のTrick or treating)

GIBOGIBO 2015/11/18 02:56 ちょっと遅れをとっていました。楽しく見ました。さすがアメリカ!
3年分、大きくなっているのも見直しました。前のはわすれていたりで。
東京でもハロウィーンにぎやかというのにつられて、ちょうど出雲から泊まりに来ていた友人と渋谷に見物に行ったのですよ。
その昼間は四季のライオンキングを見て疲れていたのに、二人の元気おばあさん。

haruko41haruko41 2015/11/24 18:32 GIBOさま、気づくのが遅くなり申し訳ありません。子供の成長は目覚ましいですね。東京のハロウィーンを見物されたのですね。いろいろと日本も変わってきているようですね。すーが放課後プログラムでライオンキングの演劇に参加しています。若いので群舞ですが、毎回楽しく参加しています。来月発表会です。