スマートフォン用の表示で見る

ジュリアス・シーザー

読書

ジュリアス・シーザー

じゅりあすしーざー

シェイクスピアの作品の一つ。古代ローマ政治家ユリウス・カエサル*1に材を取った*2悲劇。政治劇としてのわかりやすさ、演説と民心の移ろい、文体の簡潔さなど、見るべき点は多い。

1599年初演。後の悲劇時代の先駆けをなす点でも重要である。


あらすじ

ポンペイ*3の残党を討ち果たしローマに凱旋したシーザー

高潔の士マーカス・ブルータスはキャシアスに使嗾され、シーザーが王にならんとしていると考え、共和制を守るために暗殺せねばならぬと決意する。

目をかけていたブルータスが暗殺者に加わっているのを見たシーザーは「ブルータス、お前もか」と言いつつ死亡。

民衆の憤激を鎮めるために演説するブルータス。「私はシーザーを愛さないのではなく、ローマを愛したから(シーザーを斃したの)だ」と演説。一応の納得を得る。

が、続いて登場したマーク・アントニー*4が「シーザーを葬るためであって、讃えるためではない」と前置きしつつ雄弁にものを言わせてシーザーを擁護して暗殺者を弾劾。ブルータスたちは逃亡を余儀なくされる。

アントニーは将軍レピダス*5シーザーの養子オクテイヴィアス*6らと同盟し、ローマを牛耳ることに成功する。

フィリッピの野でアントニー=オクテイヴィアスの連合軍ブルータス=キャシアス軍と戦う。敗れたブルータスは自害する。勝者アントニーとオクテイヴィアスはブルータスの人徳を讃えつつ、遺骸を伴って退場する。


*1ジュリアス・シーザーとはJULIUS CAESARの英語読みである

*2:史実についてはプルタークの英雄伝(対比列伝)に依っている

*3ポンペイウス

*4マルクス・アントニウス

*5レピドゥス

*6オクタウィアヌス

*7:こちらは超人としてのシーザーを描いている。ヴィヴィアン・リー主演の映画もあり。