Hatena::ブログ(Diary)

SUNABA Gallery & 樋口ヒロユキ のブログ

サブカルチャー/美術評論家、
樋口ヒロユキのブログです。
現在の仕事の状況についてはこちら
ツイッターはこちら

2018-07-01

林圭介《婚礼》と杉本一文氏『病院坂首縊りの家』装画の類似について

19:24

 平素お世話になっております。このたびは当店の展示に出品された林圭介《婚礼》と、杉本一文氏による横溝正史著『病院坂首縊りの家』装画との類似の件につきまして、まずはご関係者各位にお詫び申し上げます。幼少時に愛読しておりました杉本一文氏装画による横溝正史作品との類似を事前に見抜けなかった点、当店にとりまして一生の不覚でございました。また、林作品を楽しみにしておられたお客様にも、多大なご迷惑をおかけいたしました。心よりお詫び申し上げます。


 本日、すでに林作品はいったん撤去し、林本人からの聞き取り調査も終えました。実を申せば、林は事前に杉本氏の作品を拝見したことがありませんでした(それはそれで不勉強の責を負うべき部分かと思いますが)。林は実際には全く別の婚礼写真、新聞紙上に掲載された数センチ角のものを典拠としてこの作品を制作していました。林には杉本氏の作品も見せたのですが、新郎が立ち新婦が座るポーズ、白無垢、角隠しの形状や椅子の形、さらには顔を潰してしまうアイデアまで一致しており、その類似ぶりに逆に驚いておりました。全点を一時撤去する措置についても、この場で作家当人の了承を得ました。


 調査の際、林が典拠とした写真も現認しましたが、服のシワや角度などから見て、この写真がもとになっていることに間違いないと確認いたしました。が、しかし、撮影者の匿名性の高い報道写真であるにせよ、その典拠となった写真にも撮影者がいらっしゃるという点を顧慮するなら、そう無条件で肯定はできない旨を伝えると、当人も納得しておりました。


 写真の登場以来、絵画と写真は切っても切り離せない関係にあり、林の創作方法、つまりは「既存の写真の一部を違う文脈に置き換えて肉筆でコラージュする」というアプロプリエーション的手法にも、一定の真摯さがあることはご理解いただければと存じます(なにしろ手描きですので単純なコピペはもとよりしておりません)。しかしながらアプロプリエーションはもともと80年代に隆盛を極めたもの。つまりコピーがまだ難しかった時代に、意図的コピーで芸術のアイデンティティーをぐらつかせるというコンセプトに基づいていたものでした。


 ネットでの安易なコピーが日常生活に蔓延する現在は、逆に誰もがコピーが可能であるために、安易なコピーは断罪される傾向が強まっています。また、知財保護についても厳しい倫理観が問われる昨今、80年代のアプロプリエーションの論理を、そのまま延長するのはもはや厳しいのではないか、というのが、当店での認識です。


アプロプリエーション

https://bit.ly/1LbzQyJ


 問題となりました作品については、杉本一文氏の装画や典拠となった報道写真と重なる部分が少なくなるよう、今後加筆、修正していくとの方向で、林との方針の一致を見ました。もとより婚礼写真というものは様式化された衣装、様式化された構図でありますので、自ずから類似せざるを得ないという制約はありますものの、林の真摯な姿勢に免じて、御理解の上ご鑑賞いただければと存じます。再展示の日程はまだ未定ですが、おそらくは来年正月のグループ展になろうかと思います。このたびはご迷惑、ご心配おかけいたしました。重ね重ねお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

2017-05-31 SUNABAギャラリー移転記念 大勧進祭

f:id:higuchi1967:20170531154802j:image

 こんにちは、SUNABAギャラリー樋口です。かねてから移転の際の資金捻出をクラウドファンディングで行うと申し上げてきたのですが、ここへ来て通常のクラウドのサービスを使うのって、どうもな、と思うようになりました。

 理由はいろいろあるのですが、一言で言って「ピンと来ない」というのが正直な理由です。なんというか、あれってかなり壮大な目的のためにやるか、あるいは公共の福祉のためのものか、どちらかに適したものだという気がするのですよ。民間のギャラリーの、新設ですらない転居のためにやるもんじゃないな、と。

 こうした私的な目的のために、まったく見知らぬ方からおカネをいただくというのは、やっぱり正直難しいと思うんですよ。それより、普段からお付き合いのあるお客様、作家さん方という、信頼関係のある方にご協力をお願いする、というのが筋なんじゃないかな、と。

 で、自前のサイトで自前のツールを使って、クラウドファンディング「風味」ではあるけれども、通常の物販やイベントなどを行おう、ということに決めました。題して

「SUNABAギャラリー移転記念 大勧進祭」

 勧進(かんじん)というのは昔お坊さんが、お寺の修理や再建のために寄付を求めたことを指す言葉で、なんかこれがいちばんピッタリ来るかなあ、と。美術界では以前、会田誠さんが「平成勧進プロジェクト」というネーミングでやっておられましたが、こちらは「プロジェクト」というほど大規模ではないので、こういうネーミングにしてみました。

 詳細を詰めるのはこれからですが、ちょっとずつ考えていきたいと思います。そんなところで取り急ぎご報告まで。

2017-04-05

依頼制作についてのお願い

17:59

 おかげさまで当ギャラリーでも、オリジナル作品のご依頼をいただくことが多くなってまいりました。それもこれもお客様のご理解、ご支援の賜物で、心より感謝しております。ただいっぽうで、ご依頼の方法や内容が、作家の個性とミスマッチを起こしました場合、お客様、作家の双方にとって、あまりハッピーとは言い難い結果を引き起こすことがあります。そこで大変恐縮ではございますが、ご依頼の際には以下の点のご理解、ご協力お願い致したく存じます。


1)必ず当店を通じてお願いします。


2)納期

 納期については、必ずしもご要望に沿えない場合がございます。作家個人の都合や材料の調達、変更、スランプをはじめとする心理的問題など、さまざまな理由で納期遅れが発生する場合がございます。何卒ご理解いただけますようお願いします。


3)ご依頼内容について

 作家の個性にそぐわないご依頼、作家当人の意に染まないモチーフやタッチのご依頼にはお応えできない場合がありますので、何卒ご了承ください。指定できるモチーフは二つまで、色も二色までです。


4)変更など

 修正のご依頼ができるのは一度のみ、下書きやスケッチをご高覧いただいたあとだけです。また、あまりに詳細な修正、変更はできませんのでご容赦ください。


5)お支払い

 下書き開始前に着手金として半金をお支払いください。残金は下書きをご覧いただいた時点でお支払いください。ただし下書きをご覧いただいた時点で、双方が合意に至らない場合、制作を中止することもあります。この場合は残金のお支払いの必要はありませんが、着手金のご返金はできません。


 依頼制作にも様々な考え方があるかと思いますが、当ギャラリーでは「その作家の個性を信頼して制作を任せていただく」というスタンスを、依頼制作に際してお願いしております。当ギャラリーで扱う依頼制作は「工業製品の発注」とは異なり、ご依頼に対して作家なりのヒネリを加えることもありえますし、お客様のイメージと異なるということも当然ございます。以上、何卒ご理解、ご協力お願いできましたら幸いです。


参考:レンブラント「夜警」

http://www.artmuseum.jpn.org/yakeitop.html

2017-03-29

はやしだちか 「BEYOND THE DARK」

01:03

2月25日〜3月8日 2階

はやしだちか「BEYOND THE DARK」

HAYASHIDA Chika BEYOND THE DARK

f:id:higuchi1967:20170307131257j:image

f:id:higuchi1967:20170307131151j:image

f:id:higuchi1967:20170307130932j:image

f:id:higuchi1967:20170307130810j:image

f:id:higuchi1967:20170307130638j:image

f:id:higuchi1967:20170307130559j:image

f:id:higuchi1967:20170307130534j:image

f:id:higuchi1967:20170307130426j:image

2017-03-12

中ハシ克シゲ参加のグループ展、朝日新聞で紹介

07:25

大西若人「街×博物館 記憶つなぐ 鳥取県博物館現代アート展」

朝日新聞2017年3月10日夕刊

「誰が記憶を所有するのか」(鳥取県博物館鳥取県各所、2017年2月25日〜3月20日)のようすを紹介したもの。

f:id:higuchi1967:20170312071143j:image