スマートフォン用の表示で見る

与謝野晶子

読書

与謝野晶子

よさのあきこ

作家、歌人

明治11〜昭和17年(1878年12月7日〜1942年5月29日)

大阪府堺市にて生まれ育つ。

情熱的な作品が多い歌集『みだれ髪』(1901年)や日露戦争の時に歌った『君死にたまふことなかれ』が有名。

源氏物語について独特の見解を示したことでも有名。(「藤裏葉」までを紫式部の作とし、「若菜 上」以後を和歌が優れているとして大弐三位の作とする)

夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。