Hatena::ブログ(Diary)

神奈川地域資料保全ネットワーク(旧 神奈川歴史資料保全ネットワーク(神奈川資料ネット))

2018-12-31

神奈川資料ネットについて


神奈川地域資料保全ネットワークとは】
 神奈川地域資料保全ネットワーク略称神奈川資料ネット)のブログにアクセスしてくださり、ありがとうございます。
 神奈川資料ネットは、 平成23年7月30日に「神奈川歴史資料保全ネットワーク」として設立し、平成26年8月4日に現在名に改称した、ボランティア組織です。
 早急に対処すべき被災現場を持たない「予防ネット」として設立したため、今のところ被災資料の救出やクリーニング活動等を主催する活動は行っていません。
 現在は、「地域と人びとをささえる資料」を「地域資料」ととらえ、資料をみずからの手で残していく意識を伝えるレクチャーや、大切な記録が水に浸かった際の応急処置についてのワークショップなどを開催しています。このようにさまざまな方法を通じて、「大都市圏」特有のネットワークのあり方を探っていきたいと思います。


【活動方針】
 神奈川資料ネットは、以下の3点を活動方針としています。
 ・ 地域資料を保全することの意義に関する啓蒙普及
 ・ 資料保全のノウハウに関する助言
 ・ 資料保全のノウハウを持ったマンパワーの提供・紹介


【運営委員
代  表 : 多和田 雅保(横浜国立大学 教授)
事務局長 : 宇野 淳子(立教大学共生社会研究センター 研究員)
運営委員 : 浅野 充(関東学院大学 講師)
       窪田 涼子(神奈川大学日本常民文化研究所 職員
       高木 秀彰(寒川文書館 館長)
       田中 史生(早稲田大学文学学術院 教授)


【連絡先】
神奈川資料ネットへのお問合せ等は下記宛にお願いいたします。

神奈川資料ネット宛のE-mailアドレスは下記のとおりです。
kanagawa_shiryounet☆yahoo.co.jp
 スパム防止のため、@を☆にしています。
 こまめにアクセスするようにいたしますが、お時間をいただくこともあるかと思います。

・事務局は横浜国立大学 多和田研究室に置いています。
 横浜国立大学 教育学部 学校教育課程 社会科教育講座 多和田 雅保 研究室
  *2017年4月1日より、学部名が「教育人間科学部」から「教育学部」に変わりました。
 所在地 : 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
 電  話 : 045-339-3434

・運営委員の研究室でもお話等を承ります。
早稲田大学 文学学術院 田中史生研究室
 所在地 : 〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
             早稲田大学文学学術院39号館2610号
 電 話 : 03-5286-3731

いずれの連絡先にご連絡いただいても構いませんが、
講義等の都合により、すぐに電話に出られないこと等あるかと存じます。
ご承知おきいただけましたら幸いです。


どうかよろしくお願い申し上げます。

2018-02-22

環境学講座「東日本大震災から 民間所在の歴史資料保全を考える」(3/11 葛飾区にて)

葛飾区郷土と天文博物館学芸員橋本直子さんからご案内をいただきました。
「日常的に散逸の危機にある歴史資料の現状と課題をお話しします。」とのことです。ぜひご参集ください!
企画展「かつしか絵図風土記 ―描かれた東京低地―」が3月18日まで開催中とのことです。併せてご覧ください。


以下、葛飾区郷土と天文博物館ウェブサイトの情報を引用します。
お問い合わせも、同館にお願いいたします。

---
環境学講座 東日本大震災から 民間所在歴史資料保全を考える」

日常的に散逸の危機にある歴史資料の現状と課題をお話しします。

日時 : 平成30年3月11日(日曜日)午後2:00〜午後4:00

会場 : 葛飾区 郷土と天文博物館 講堂

講師 : 西村 慎太郎(にしむら・しんたろう)氏(国文学研究資料館准教授

対象 : どなたでも

費用 : 200円

定員 : 80人(お申し込み多数の場合は抽選)

申込方法 : 電子申請/往復はがき

はがき記入内容 : 参加者全員の住所/氏名/年齢/電話番号とイベント名「環境学」を書いて往復はがきにてお申し込み下さい。

電子申請: イベントの詳細ページ(http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/kdm/index.php?app=event&mode=detail&data_id=825)にある「電子申請申込みページに行く」にお進みください。

申し込み先 : 〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1 葛飾区 郷土と天文博物館

申込締切 : 平成30年3月1日(木曜日)(必着)
---

2017-12-31

神奈川地域資料保全ネットワークの連絡先について


神奈川資料ネットへのお問合せ等は下記宛にお願いいたします。

横浜国立大学 教育学部 学校教育課程 社会科教育講座 多和田 雅保 研究室
  *2017年4月1日より、学部名が「教育人間科学部」から「教育学部」に変わりました。
 所在地 : 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
 電  話 : 045-339-3434

いつご連絡いただいても構いませんが、
講義等の都合により、すぐに電話に出られないこと等あるかと存じます。
ご承知おきいただけましたら幸いです。

また、E-mailアドレスは下記のとおりです。
kanagawa_shiryounet☆yahoo.co.jp (神奈川資料ネット宛。スパム防止のため、@を☆にしています)
こまめにアクセスするようにいたしますが、お時間をいただくこともあるかと思います。

どうかよろしくお願い申し上げます。

2017-09-19

広報協力:全史料協第43回全国(神奈川相模原)大会(11/9-10)

11月9日と10日に、橋本駅前の「杜のホールはしもと」にて、
史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の第43回全国(神奈川相模原)大会が開催されます。

史料協大会・研修委員会事務局(尼崎市立地域研究史料館)より、開催のご案内を頂戴しました。


研修Bでは、運営委員の高木(寒川文書館)が、また研修Eでは神奈川資料ネットがお世話になっている、大磯町郷土資料館の富田さんが登壇されます。
また、県内外の事例についての報告等があります。

史料協の会員でない方もご参加いただけますが、事前申し込みが必要です。
申し込み方法などにつきましては、
http://jsai.jp/taikai/sagamihara/index.sagamihara.html
からご確認ください(上記URL内の「大会案内」をクリックしていただくと、PDFデータにてご覧いただけます)。


以下、全史料協大会・研修委員会からご提供いただきました情報です(見やすさ等のため、一部レイアウトを修正しています)。
---
史料協 第43回 全国(神奈川相模原)大会及び研修会


期 日 : 平成29年11月9日(木)・10日(金)

会 場 : 杜のホールはしもと
〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本3-8-21 042-775-3811(代表)

主 催 : 全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)

共 催 : 相模原市

後 援 : 独立行政法人国立公文書館 神奈川県 相模原市教育委員会 神奈川県市長会 神奈川県町村会

テーマ : 「公文書館法30年 ―今、問われる公文書管理―」

日程及び内容 : 
【1日目(11月9日)】
(1) 研修会
研修A
(A班)9:30〜11:30 相模原市公文書館の視察、
(B班)9:10〜12:15 相模原市公文書館・市立博物館の視察

(昼食・休憩・展示見学・ポスターセッション

研修B 13:00〜14:00 (60分)「アーカイブズ入門 : 市町村アーカイブズの役割」
              高木 秀彰氏(寒川文書館長)
研修C 13:00〜14:00 (60分) 「市民協働によるデータベース構築―尼崎市の事例から」
              西村 豪氏(尼崎市立地域研究史料館 嘱託員)
 (休憩)
研修D 14:10〜15:10 (60分) 「豊田市公文書管理」(仮)
              八木 寛元氏(豊田市総務部庶務課担当長)
研修E 14:10〜15:10 (60分) 「用田村伊東宗兵衛家文書の整理と活用」
              富田三紗子氏(大磯町郷土資料館 学芸員) 
 (休憩・展示見学)

(2) 総 会 15:30〜17:20 (110分)   

(3) 交流会 17:30〜19:30 (120分) 会場:ソレイユさがみ相模原市緑区橋本6-2-1)


【2日目(11月10日)】
(1) 調査・研究委員会報告  9:30〜10:10 (40分)
公文書管理及び保存の実態調査について−災害時作成文書を中心に−」
   高村恵美氏(調査・研究委員会委員 常陸大宮市文書館主任)
   林 貴史氏(調査・研究委員会委員 常総市総務部総務課非常勤特別職)

(2) 大会テーマ研究会第1部 10:20〜12:00(100分)
公文書館法と公文書管理法地方公共団体に求めるものとは」
   飯田 生馬 氏(相模原市公文書館長)
鳥取県における市町村等と連携した歴史公文書等の保存と活用の取組」
   田中 健一 氏(鳥取県公文書館長)
 
 (昼食・休憩・展示見学・ポスターセッション

(3)大会テーマ研究会第2部 13:20〜16:20(180分)
公文書館法30年座談会」および総合討論
コメンテーター
  水野 保氏、
  新井浩文氏(埼玉県立文書館 学芸主幹)、
  蓮沼素子氏(大仙市アーカイブズ 主査)、
  早川和宏氏(東洋大学法学部教授・弁護士
聞き手
  定兼 学氏(岡山県立記録資料館長・全史料協会長)、
  松崎裕子氏(全史料個人会員)
 
(4) 閉会行事 16:20〜16:30 (10分)

  【両日(11月9日・10日)】
   機関会員出版物、協賛企業展示及びポスターセッション

申込み方法 : ウェブサイト申込フォーム、または申込書により大会・研修委員会に申込む。
       締切:10月13日(金)

参加費等 : 大会参加費1,000円(非会員のみ。会員は無料)、交流会参加費6,000円(全員)

資料代 : 1,000円(全員)

---

2017-08-31

主催事業「資料保存ワークショップ『襖に閉じ込められた地域の歴史』」(10/8 寒川町にて)

このたび、
神奈川地域資料保全ネットワーク寒川文書館の共催で、
資料保存ワークショップ「襖に閉じ込められた地域の歴史」を開催することとなりました。
神奈川資料ネットのワークショップは3回目、寒川町との共催での開催は2回目となります。

参加には申し込みが必要です。詳しくは下記をご覧ください。
ご参集いただけますよう、お願い申し上げます。


--
資料保存ワークショップ「襖に閉じ込められた地域の歴史」


日 時 : 平成29年10月8日(日曜)午後1時20分〜4時40分

会 場 : 寒川総合体育館 多目的室
       *会場までのアクセスは下記URLからごらんください。
        http://samukawa-sougoutaiikukan.com/access/

内 容 : 不要になった襖の中に貼られた古文書を取り出し、地域のことを調べる手法を学びます。また洪水などで大切な記録が水に浸かった時の取り扱いも併せて体験していただきます。

講 師 : 田上 繁さん(神奈川大学)・山口悟史さん(東京大学史料編纂所

定 員 : 25名(先着順) 定員を超えた場合も見学していただくことは可能です。

資料代 : 200円(当日集めます)

持ち物 : マスク、エプロン

申込み : 9月12日(火)より寒川文書館へ直接、または電話、FAXで
       *電話:0467-75-3691 FAX:0467-75-3758

主 催 : 寒川文書館神奈川地域資料保全ネットワーク

協 力 : 神奈川大学日本常民文化研究所
---