スマートフォン用の表示で見る

台風16号

サイエンス

台風16号

たいふうじゅうろくごう

その年に発生した16番目の台風

2008年(平成20年台風第16号)

  • アジア名 MEKKHALA(メーカラー)
  • 9月30日現在、東シナ海から中国のほうへ進む予報となっており、日本への影響は少ないと思われる。
  • 30日ごろの台風情報では一時的に台風15号〜17号の3つが並べて紹介される状態となった。

2004年(平成16年台風第16号)

2004年8月下旬に日本列島を襲った台風アジア名「チャバ(CHABA)」。

通常の台風は最大風速20-30m/sほどだが、今回の台風は一時風速が54m/sを越えており、強さを表す表現も「強い」の2段階上である「猛烈な」台風であった。

この台風は、大雨よりも暴風による被害が懸念される「風台風」タイプである。

勢力・進路ともに、甚大な被害をもたらした1991年台風19号(りんご台風)に似ているのが特徴。

2002年(平成14年台風第16号)

アジア名「シンラコウ(Sinlaku)」

2001年(平成13年台風第16号)

  • 移動経路  沖縄近海で複雑な動きをした。
    • 9月6日 西表島北海上で発生。東進。
    • 7日7時半頃 沖縄本島南部を通過し、同島東海上でループを描いた後北西に進む。
    • 8日3時半頃 沖縄本島中部を通過した。
    • その後沖縄本島西海上で3日間にわたりループを描く。
    • 久米島の南海上で、14日まで7日間にわたって停滞。その後南西へ進む。
    • 16日夜 台湾に上陸。
    • 21日 華南に上陸し熱帯低気圧に。
  • 主な災害
    • 沖縄本島で7〜8日にかけて暴風、中南部で300〜400mmの大雨。
    • 那覇で最大風速25.4m/s(最大瞬間風速41.7m/s)、期間降水量551.5mmを観測。
    • 久米島で最大瞬間風速50.8m/s、期間降水量967.5mm(平年の年降水量の45%)の記録的な大雨。
    • 死者・行方不明者2名、負傷者9名
    • 住家全半壊・一部損壊261棟、床上浸水814棟、床下浸水534棟など

1999年(平成11年台風第16号)

1968年(昭和43年台風第16号)

気象庁による命名で「第3宮古島台風」。9月22日に宮古島付近を通過、9月24日23時過ぎ鹿児島県串木野市付近に上陸した。沖縄地方や九州地方の各地に暴風と大雨による被害をもたらした。

1945年(昭和20年台風第16号)

呼称は「枕崎台風」。9月17日14時頃鹿児島県枕崎市付近に上陸。死者2,473名、行方不明者1,283名などの被害をもたらした。