スマートフォン用の表示で見る

横浜国立大学

地理

横浜国立大学

よこはまこくりつだいがく

大学の沿革

1949年 横浜経済専門学校(戦前は横浜高等商業学校)・横浜工業専門学校(戦前は横浜高等工業学校)・神奈川師範学校神奈川青年師範学校を母体として新制 横浜国立大学が発足、学芸学部経済学部工学部を設置

大学の概要

教育人間科学部経済学部経営学部及び工学部の4学部教育学研究科国際社会科学研究科、工学府・工学研究院及び環境情報学府・環境情報研究院の4研究科等、4つの学内共同教育研究施設から構成される。

通称「横浜国大」または「横国」。地元横浜では「国大」と呼ばれる。

 以前はゴルフ場だった場所に建てられたためか、坂が多い。

  • 教職員約千人(教官727人、事務職員291人)
  • 学生約1万人(うち大学院生1,923人、外国人留学生757人)
  • 年間歳出予算 約172億円

交通

最寄駅は横浜市営地下鉄三ッ沢上町。 ただ、相模鉄道和田町が利用者が多い。和田町から通う場合は「和田坂」と言われる長く、急な坂を上る必要がある。故に横浜駅から「横浜国大行き」もしくは釜台住宅経由「釜台住宅第三」もしくは「上星川駅」に乗り、前者ならば「岡沢町」(正門)、後者ならば「ひじりヶ丘」(北門)あるいは「釜台住宅第二」(西門)で降りるのが良い。