Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2017-01-17

パン焼き

年始から残った食材を片付けるべく、色々作る。週末にはクリームチーズ消費でスフレチーズケーキ、そして今日はくりきんとんと黒豆をつかって餡(?)パンくるみ入り。全体的に高カロリーなのだけど、寒いから良いのだ。

薪ストーブが熾になるのを見計らっての発酵と温度管理。去年懲りずにあれこれ試した方法を思い出しつつ、私にしてはなかなか上手くいった。娘には餡無しのくるみだけの方が美味しいと言われたけど、ちょっと発酵足らずで膨らみ具合がいまいちだけど、しばらくおやつに不便する事はなさそう。

f:id:kane_hen:20170116141434j:image:w300

f:id:kane_hen:20170117094657j:image:w300

ということで、連日-6℃だか-8℃だけど、肝臓の裏(?)にホッカイロを貼ると体が楽だというのを見かけて実践中。寒さの先に春がある。

2017-01-13

仕事始め

遅れている日程、とりあえず体が本調子に戻る前はデスクワーク優先で進め、新しい素材などを物色してネットウロウロ。今週に入り、娘の幼稚園再開でやっと仕事始め。

f:id:kane_hen:20170112153135j:image:w300

何か新年らしいことを、、、と、ふと目についた角床。購入してざっくり磨いて以来雑な扱いでだいぶ平面でなくなっていたので、磨き始めてみた。80番から1200番まで結局2日かけて耐水ペーパーで磨いてとりあえずはおしまい。工房にそれ以上細かいペーパーが無かった。週末にでも1500と2000番を揃えて、来週にはピカピカにしよう。それにしても久々の作業で両腕が筋肉痛。

f:id:kane_hen:20170112093023j:image:w260

この頃のおやつ。抹茶が余っていたのでホワイトチョコと合わせてパウンドケーキ風。アーモンドプードルもあったので入れたら、かなりのどっしりフィナンシェっぽくなった。マグはローソンだかのおまけ?のミッフィー。カフェオレを大量に飲むのでこの大きさがちょうどよく、そしてなぜか作家物だとすぐに割ってしまいがちなのだと言い訳。

そんなこんなで年始にやろうとしていた一つ二つを思い出してはこなしつつ、あれもこれもとやりたい事が山積みでちょっと不安になるが、とにかく目前の事をしっかりやろう!と強く念じる。さて、今晩は大雪の予報、どうなるかな。

2017-01-08

新年が過ぎていた。

f:id:kane_hen:20161231103546j:image:w340

31日に発熱、そして6日ほど胃腸風邪で寝込んでいたら、お正月が終わっていました。やっと昨日あたりから普通食が食べられるようになり、気がつくと年末に1週間くらいかけて仕込んでつくったおせちはほぼすべてなくなり、正月が終わりかけでした。

ちょっと掴みかけていたような気がしていた弓道の方も、久々にいったらそれなんだっけ?のような身体感覚。そして、年末年始関係なく組んでいたスケジュールも爽やかに追い込まれつつ、これがいつもの新年だなと、清々しくもある今日この頃。

ということで、これから寒中見舞いを出させていただきます。

2016-12-31

年の瀬

例年通りのバタバタで、あっという間に12月も31日になり、相変わらずまだお仕事関係者向けの年賀状をつくっています。

f:id:kane_hen:20161230122048j:image

昨日のデスク


今年を振り返ると、一番はやはり産後初の個展。そして、いくつか新たにおつきあいの増えたお店など、かねへん再起動を試みた年です。そして、実際動いてみて、それでも足りないコト、できなかったモノなども多く、反省しきり。

たくさんの方々に助けていただいて、今があると実感しています。多少は解決の糸口がつかみはじめた問題、まだ解決方法のわからない問題もありますが、ギリギリまで足掻いてみようと思っています。

良いお年を。

2016-12-22

冬至を過ぎて

昨日の冬至は柚子湯もかぼちゃも忘れたけれど、ゆず入りのビスコッティを食べた。いろいろを気持ち新たに、はじめよう。と、いうことで、師走的な忙しさもありつつ、制作も再開。今日は数物の切り出し。

f:id:kane_hen:20161222090825j:image:w360

左:砂糖漬けのゆず、はちみつ漬けの生姜をみじん切りにして、ちょっとだけシナモン。 中:ココアたっぷりにチョコレート 右:アーモンドスライス の3種。娘はチョコが一番美味しいそうだが、私はゆずが結構好き。

2016-12-21

 theshopfloorprojectの掲載について

何度も、取り扱いが終わったら、HPから消して欲しいと伝えたイギリスのtheshopfloorprojectというサイトが、未だにkanehenの品物の掲載を止めていない。まだ扱いがあるかのように売り切れとして問い合わせを促すような記載もある。

http://www.theshopfloorproject.com/shop-menu/japanese-metalsmith/kanehen-mobiles.html

kanehenとtheshopfloorprojectは、信頼関係が築くことができなかったので、2016年3月以降お付き合いしていません。

また、同サイトで販売しているドイツのモビールとkanehenは一切関係ありません。

2016-12-19

福岡

福岡、望雲さんの展示最終週末に行ってきました。

今回は土曜の朝出発して、日曜の深夜に帰宅ということもあり、まるでサラリーマンの出張のような(したことないけど)ハードな旅でした。そんな中、どうしても博多まで行ったら寄りたかったのが、ソーイングスタジオのfab-fabriさん。布も販売していて、何度か利用しているのですが、オンラインショップで新着の布を眺めながらランチをとるのが至福なのです。土曜日、空港到着で既に望雲さんの営業時間なのにもかかわらず、オーナーの鶴田さんに連れて行ってもらい、「わー、ミホ先生だ」と、心の中で叫びつつ、触りながらリュックいっぱい布を買いました。

と、趣味の話は置いといて。

望雲さんは8年ぶりの個展でしたが、変わらずゆったりと優しい空間でした。初めの週末にイベントでお世話になったmi:courierさんや、この週末喫茶をされていたCAPINE-coffeeさんにもお会いできて、とても楽しく、美味しい時間を過ごせました。今回、はじめて作ったブックエンドもたくさん選んでいただき、つくってよかった!と、嬉しくなりました。定番の品など、引き続き望雲さんでご覧いただけると思います。


f:id:kane_hen:20161218090315j:image

だいぶ風格を感じさせるようになったチェブさま。

いろいろ初日に間に合わず、会期半ばから新たにお送りしたものも多かったのですが、最後に数を集計して、とりあえず300点を超えていたので、なんとか及第点かと思うに至りました。今の私にできる精一杯を深く噛み締めつつ、これからもジタバタと足掻いてゆこうと思います。

2016-12-16

雑誌掲載

クロワッサン2016年12月25日号特大号「掃除は時短でうまくいく。」黄色の表紙P15。kanehenのカトラリーレストを平松洋子さんにとりあげて頂きました。表参道のかぐれさんで品物を手にとって頂いたようです。こちらの品は今個展中の福岡の望雲さんでもご覧になれます。

f:id:kane_hen:20161216085426j:image:w360

写真は少し大きめに写っている様子、写真の左斜めに写っているのは自宅用で使っている同じものです。

---

これ、かぐれ表参道の方から教えていただきました。私についての引用はかぐれさんのHPに掲載していることなのですが、こうやって紙の活字になるとなんだかむずむず。いや、生年や、学歴やなんかも載っていてね、小っ恥ずかしさがじわじわと。子育てと両立とか、うん、それを目標に日々じたばたと頑張っているのだけど、両立できているかどうかは娘が大人になった時に結果として出るのかな、と、今は思うのです。

あまり雑誌は買わない方だと思うのですが、クロワッサンたまに買います。たぶん、子育て世代ドンピシャな内容なんですよね。そういう意味で、ちょっとマニアックなラインナップの多いかねへんの品物の中でも、比較的使い易いカトラリーレストを取り上げていただいて、嬉しいです。

とりあえず、記事を夫に見せたら、いつも「キー!!」とか「おわらない〜!」とか叫んでるけどな笑(=素敵風に書いてあるな)と。うん、リアルな現実はそんなもの。そして、関係ないですが、見開きの反対側がフィギュアスケートの羽生くんで意味なく嬉しいです。

そして、明日、明後日は福岡へ飛んでいきます。

2016-12-13

木+木

f:id:kane_hen:20161212153217j:image

定番になるか?のペントレイ2種

これは今日、望雲さんに最後に発送したもの。つくっていて、ふと、当て金を、万力にはさんだ木で削ったものに変え、金槌を木槌に変えて、縁を立ち起こした。

この方法は、以前金沢でロンドンから来たシルバースミスな作家の方のワークショップで見かけた。銀は金属の中でも柔らかいので、木槌と木のあてがねのようなもので結構絞ったりしていた。それを思い出して、ふとやってみたのだった。

まぁ、なましてあるとは言え真鍮は銀よりも硬いので、つくるときに多少力の掛け方が違うけど、出てくる曲線がとても柔らかくて、それはそれで面白かったので、豆皿とペントレイに採用してみた。大判のサイズものにも使える方法なのかはまだわからないけど、木も結構硬いなと、感心したのでした。

鉄+鉄でぴしっとしたエッジ、鉄+木でも打撃跡が残るけれど、木+木は優しい曲線。やっぱりこういう新しいことは、追い込まれないと手が出ない。不思議。

2016-12-12

 展示はじまりました。

個展、望雲さんにて、はじまってます。

f:id:kane_hen:20161207164631j:image

新作のペーパーナイフ 真鍮と洋白の2種 封筒を手でびりびりと開けていたので、自分が欲しかったのです。ほんとうは片刃のほうがつくるのも簡単なのだけど、我が家のサウスポーを思い出し、左右どちらでもいいように両刃にしてみました。

今回、明らかに時間配分を失敗。DMにあるシェードすらオープンに間に合わなかったのですが、遅れて到着しています。初日にあれやこれやが間に合わないと理解した時点で、我ながらかなりがっかりして、疲れと共に途方に暮れてしまいました。

それでも、日曜はずっと不義理をしていた親類のところに顔を出し、リフレッシュ。頭も体もだいぶ楽になり、気を取り直して鎚を持つ気力がかえってきました。体と心はつながっているね。とは言え、いろいろの予定を後回しにしていたので、制作に使えるのは来福までに本日1日だけです、できるだけがんばります。

望雲さんのFacebookページ https://www.facebook.com/%E6%9C%9B%E9%9B%B2-187496677989116/ にて、展示風景もいろいろご覧いただけます。

kanehenのFacebookページもあります。いいね!やフォローしていただけると私が喜びます。 https://www.facebook.com/kanehen.shiori/