Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-05-28

クラフトフェアまつもと2018

松本行ってきました。

久々に行ったら、イオンが大通りまでながーーーくできていて、それ以外にも信毎のビルがオシャレなカフェとインテリアの店になっていた。イオン、信毎それぞれの広場の部分でクラフトの出展がそれぞれブースを出していて、ミニクラフトフェアになっていた。後から聞いたら松本クラフト協会の企画(?)らしい。ひろがるなー。

なので、マップを見ながら、松本駅→六九ストリート→灰月→開運堂(ソフトクリーム)→信毎メディアガーデン→中町→イオン→あがたの森(クラフトフェアまつもと)

f:id:kane_hen:20180528082623j:image:w360

今回は一人でのんびり旅。いままでFBやインスタでチラチラみていて、はじめてご挨拶できた方々や久々の人たちにも挨拶できてよかった。

f:id:kane_hen:20180528082617j:image:w3602日に渡り、お世話になった小河さんのブース。

いままでは、ぐるぐる回って、それだけでお腹いっぱいになり、あまり購入する気持ちの余裕が無かったような気がしますが、逆に、ぐるぐるを止めて、1ルート1回だけ見て、あとで買うを止めて、しっかり見るようにしたら、いろいろ持って帰れました。とはいえ、灰月や六九ストリートで買ったのも多いけども。

f:id:kane_hen:20180528081539j:image:w360

柏木さんのヘラ、灰月で山田さんのスープカップ、リトグラスの一輪挿し、東屋のバターケース、

f:id:kane_hen:20180528084957j:image:w360

小河さんのコースター。一枚一枚が奥行きのある素材感でみていて飽きないのです、額に入れてもいいし、、、敷くのがもったいないので、しばらく眺めて過ごします。

去年、今年と、スタッフとして関わらせてもらったクラフトフェアまつもとですが、今年で終わり、今後は出展もしないと思うし、スタッフでもなく、ただの客として行くことになると思います。

まつもとは私にとっても特別な街で、そしてどこも街とは変わってゆくものなんだなぁと、改めて感じました。来年は35周年になるクラフトフェアまつもと、常に変わらないもの、そして変わり続けることを恐れないこと。2003年から松本で出会い、関われた時間を、今は懐かしく幸せな時間だったと(あんなに怒っていたけど)思います。

2018-05-25

工房イサド展

昨日、名古屋のアナログライフでの工房イサドさんの展示へ。

こ、これは!と我が家のちっさいらっきょうを掬うために長いサジを購入。使い勝手を確認したのでした。他にもブランクーシ気味な物体に興味が湧きましたがが、我が家にはもうちょっと小さい方が似合うかも、と。帰りにドイツパンのブルーデルで思いっきりパンを買い込みホクホクで帰宅。

f:id:kane_hen:20180525084142j:image:w400

かねへんでは、6月6日までの陶屋なづなさんの「皐月の市」に引き続き参加しています。その後はしばらく企画展の類への参加はありません。今年は残すところ、12月の福岡望雲さんの展示になります。

今週末はクラフトフェアまつもとですね、2日ともうろうろしている予定、天気も良さそうで今から楽しみです。

2018-05-09

皐月の市

奈良、陶屋なづなさんの「 皐月の市」に参加しています。

前期 5/2-5/12 

出展作家 岡田直人(陶器) kanehen (金属) 川端健夫(木工) 艸田正樹(硝子) 竹俣勇壱(金属) 津田清和(硝子) 中山孝志(硝子)

後期 5/16-5/26 

出展作家 伊藤環(陶器) 大村剛(陶器) 川口武亮(陶器) 河合和美(陶器) 菅沼淳一(陶器)角田淳(陶器) 土井宏友(漆) 松本寛司(木工) 余宮隆(陶器)

そして、少し前に6日で無事、北千住萬器さんでの2人展も終わりました。

f:id:kane_hen:20180422145945j:image:w300桐の花(だと思う真ん中に月も写っている)


前期後期出展の作家作品 5/30-6/ 6

5/30hurrah/ haruさんのお花屋さん 

5/31Ikue's Food Studio/イクエさんの季節のフルーツタルトレットでおやつの時間

6/ 1 lemontree/ノリコさんとワイヤーワーク ー 木を作りましょう ー

6/ 2 HAKUHU /かなこさんのハナシゴト お花のアクセサリー屋さん

/大野素子さんのマグカップ屋さん

6/ 6月草sousow /ゆいこさんの − 2018紫陽花の会