きーぼー堂 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年版ハルヒ舞台探訪記事 2006年放送1期全14話の分は神奈井総社舞台探訪アーカイブを参照
♯8笹の葉ラプソディ  新ED、CM  新OP、#12エンドレスエイト(1)  #13EE2  #14EE3  #15EE4  #16EE5  #17EE6  #18EE7  #19EE8  #20溜息1  #21溜息2  #22溜息3  #23溜息4  #24溜息5  鶴屋邸を発見 
.
涼宮ハルヒの消失の舞台 原作から推測  甲南病院で取材あり  予告編から  OST宣伝映像から  見た記憶頼り(前)  (後)  新出資料で再探訪1 その2光陽園学院 その3サイゼ その4甲南病院 その5着替え路地
その他の主なハルヒ舞台関連  光陽園駅前公園を発見  ツガノガク版ハルヒの舞台1   同2  舞台の変貌1甲陽園  同2通学路  同3新池 同5アクティ大阪  第4回ハルヒツアー 激奏クレーン   ドリームのねんどろいど ヒトメボレLOVER
北口駅前公園関連  消える  25年越し  見納め  最期の日?  解体工事開始  2日目  3日目  4日目  5日目(終)  工事の動画3本 仮通路開通  止マレ!ジャケ  ハルヒちゃん10話 皇紀2600年記念国旗掲揚台 工事から一年
.
他作品 けいおん!豊郷小 けいおん!京都ツアー クドわふたー@甲子園口 AIRの駅 月光仮面@大阪駅
森田季節作品
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート@神戸市垂水区 ともだち同盟@関西本線大河原駅 同@山陽電鉄滝の茶屋駅 原点回帰ウォーカーズ@神戸学園都市
歴史 変わる阪急甲陽園駅 甲陽園駅前1983 甲陽線大正・昭和
2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2017 | 01 | 04 | 05 |
2018 | 01 | 07 |

2013-11-30

走れ!ケー100ロケ地探訪(4)山形〜羽黒山(出羽三山神社)・鶴岡銀座商店街〜

| 09:24 |

伝説のドラマ「走れ!ケー100」道路を走る蒸気機関車で日本縦断! - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(1)門司港駅・関門トンネル・旧門築大久保駅 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(2)大阪(前編)御堂筋・中之島公園・(株)オーヨド - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(3)大阪(後編)大淀・中津 - きーぼー堂


f:id:keyboar:20131129011121j:image:w520

走れ!ケー100第30話「それ行け登れ!二千段―山形の巻―」(1973年11月2日放送、脚本:高橋二三、監督:枝川弘)のロケ地探訪を2013年5月3日に行いました。山形県鶴岡市がロケ地で、今回訪れたのは鶴岡銀座商店街と羽黒山(はぐろさん)の出羽三山(さんざん)神社。湯野浜の方は行けませんでした。


鶴岡で宿泊したのは鶴岡駅の北東の快活CLUB 鶴岡店。まさか地元西宮で良く使うチェーン店があるとは。5月とは思えない寒さでした。


f:id:keyboar:20131129011323j:image:w480

鶴岡駅からバスで羽黒山へ。

鶴岡駅→出羽三山神社→鶴岡銀座商店街の順で巡りました。

f:id:keyboar:20131129011120j:image:w520

バスに約40分揺られます。

f:id:keyboar:20131127200001j:image

f:id:keyboar:20131127195955j:image:w480

三吉爺さん(中村是好)による裸足参りの説明の途中でチラッと映る羽黒山大鳥居。庄内交通「大鳥居」バス停近く。ここで降りたら次のバスを1時間も待たなきゃいけないので車内から撮影。

f:id:keyboar:20131129013732j:image:w320

鶴岡駅から出ていた庄内交通湯野浜線(1975年3月限りで廃止)の終点、湯野浜温泉駅。当時の駅前の様子が良く分かります。このように電車もチラリと映っています。今回は訪れる時間がありませんでした。


湯野浜温泉駅の跡地には湯野浜振興センター「コスパ」が建っていて、あまり面影は無いようです。善宝寺駅跡の善宝寺鉄道記念館は閉鎖され廃墟化していますが、放置されている電車を一応見る事が出来るようです。

廃線探索 庄内交通湯野浜線(歩鉄の達人)

以下は、三吉爺さんの説明。

羽黒山と月山(がっさん)と湯殿山を出羽三山といってな、

土地の人達のふか〜い信仰のお山で、

中でも山伏で有名な羽黒山には

頂上まで2キロの参道があってなあ。


2446段の石段があるんじゃ。

普通に登ると2時間は掛かる。

この石段の参道を裸足で駆け上がるのが裸足参りというわけでな。

わしらは命に関わるような困り事があると、裸足参りで神様にお助けをお願いするだ。

f:id:keyboar:20131130194751j:image

和夫(野口英行)のお母さんが危篤になり、回復を願って紋太さんも一緒に裸足参りをする事になります。


この話を見て、紋太さん達が登ったのと同じ石段を自分も登ってみたくなりました。

ちなみに松尾芭蕉の一行も登っています。

f:id:keyboar:20131127200000j:image

f:id:keyboar:20131127195940j:image:w480

出羽三山神社・随神門。

f:id:keyboar:20131127195947j:image:w520

ケー100の模型を置いてみました。劇中に合わせてちゃんと後期仕様で。

f:id:keyboar:20131127195939j:image

f:id:keyboar:20131127195941j:image:w520

裸足参りのスタート。小さな社の屋根の形が随分変わっています。まさか5月に雪を見る事になるとは思っていませんでしたね。

f:id:keyboar:20131127195956j:image

f:id:keyboar:20131127195958j:image:w520

随神門から入るとまず下りの石段があり、その後上りがずっと続くんですが、劇中では最初の石段を随神門に向かって逆走しています。現地で知って驚きました。

この方が視覚的に分かりやすいからでしょうね。

f:id:keyboar:20131127200006j:image:w300,left

f:id:keyboar:20131127200005j:image:w300,left

f:id:keyboar:20131127195943j:image:w520

紋太さんが「力こんにゃく」に気を取られるが、休んでいる暇は無く。

石段参道の貴重な休憩ポイント「二の坂茶屋」です。随神門から写真を撮りながら1時間で到着しました。


見つかりません | 羽黒町観光協会

↑この通り夏場には扉がはずされて、劇中に近い外見になるようです。

f:id:keyboar:20131129011325j:image:w520

ちょっと気が早いですが、ここで石段踏破の認定証をもらえます。


こちらは家族経営で、毎日石段を登って来ているそうです。ケー100で登場した際の映像を見せるととても喜んでもらえて、楽しい時間を過ごしました。後にお礼のハガキも頂きました。

f:id:keyboar:20131127195945j:image:w520

営業期間は4月下旬〜11月上旬。昔(ケー100の頃)は冬を挟んで毎年建てては解体を繰り返していたそうですが、今は何年も建ったままだそうです。地面は土まる出しで、まさに掘っ建て小屋。何と電気も来ていません。店内でも白い息が出ました。

f:id:keyboar:20131127195959j:image:w500

店内に飾られていた大正時代の写真。大正14年(1925年)、皇太子(後の昭和天皇)の行啓の際のものだそうです。創業は何と江戸時代とか!

f:id:keyboar:20131129011119j:image:w520

茶屋の裏からは庄内平野が一望出来て、日本海まで見えました。

f:id:keyboar:20131127200003j:image

f:id:keyboar:20131127195946j:image:w480

紋太さんの休憩の提案に「途中で休んだりしたら、裸足参りは効かなくなってしまうんだ!」と返す和夫。きびしかのー。

f:id:keyboar:20131129011118j:image:w520

国宝の五重塔。二の坂茶屋と通る順番が逆になっています。キャプ画は省略。


f:id:keyboar:20131127200004j:image

f:id:keyboar:20131127195948j:image:w520

「おい!僕を轢くつもりか!こらー!」へばった紋太さんがケー100に追い立てられるw

五重塔からすぐの所です。

f:id:keyboar:20131130194752j:image

f:id:keyboar:20131127195950j:image:w350

40年前を再現w


雨が降ったり止んだりで濡れていて滑りやすいので、歩くのが怖かったです。靴が泥だらけになりました。向ヶ丘遊園の大階段ならまだ安全そうだけど、良くこんな不規則な石段であんな撮影が出来たもんだなあ。

f:id:keyboar:20131005131138j:image

f:id:keyboar:20131005131139j:image:w520

和夫も紋太さんもケー100も山頂に到着!


f:id:keyboar:20131127200002j:image

f:id:keyboar:20131127195942j:image:w520

三吉爺さんに「裸足参りはな、大人に限って最後に滝に身を打たれないと、おしまいにならないんじゃ」と言われてその通りにする紋太さん。もう踏んだり蹴ったりですw

劇中の右端の影は、写真に写っている木でしょう。


この須賀の滝は、参道の最初の方にあります。滝の手前には祓川(はらいがわ)があります。

D

http://www.youtube.com/watch?v=06pHnUf6ApY

出羽三山神社や須賀の滝の動画をアップしてみました。


登場順とは逆になりますが、羽黒山からノブちゃんと三吉爺さんが使ったというバイパスをバスで下り、鶴岡銀座商店街にやって来ました。

f:id:keyboar:20131127195957j:image

f:id:keyboar:20131127195951j:image:w520

鶴岡銀座商店街のまつや玩具店。紋太さんが何でも屋として買い物をした店のうち現在も営業しているのはこちらだけで、検索で見つけました。1945年(昭和20年)創業だそうです。

http://www.kobaecha.com/search/ginza/0004/


ロケで使用した物には実際にこの商店街で買った物もあったのでしょうか?



f:id:keyboar:20131127230704j:image

f:id:keyboar:20131127195953j:image:w480

紋太さんがケー100を駐車していたのは「エビスヤ」の前。

まつや玩具店の店主であるおばあさん(ケー100のロケの事は全く知りませんでした)に聞くと、「エビスヤ」があったのは現在鶴岡市コミュニティプラザ・セントルがある場所との事。後で調べた所、正確には「エビスヤ書店」だったようです。

鶴とあんころ餅(^.^):エビスヤ薬局


f:id:keyboar:20131127195952j:image:w520

南西に見えるのは何という山でしょうか。

f:id:keyboar:20131127200007j:image

まつや玩具店を出た紋太さんを追ってカメラが移動。左端の「朝日ジャーナル」の看板が付いているのがエビスヤ書店。右に見える「マルタ」は現在もあります。

f:id:keyboar:20131127195954j:image:w480

「マルタ」は洋品店でした。


以前の記事で書いた通り、この買い物の場面では「大江戸捜査網」のBGMの別バージョンが流れています。

走れ!ケー100と大江戸捜査網のBGMの関係 - きーぼー堂

大江戸捜査網DVDコレクションが朝日新聞出版から2014年1月7日に創刊されます。1冊4話で全75冊という事は計300話ですが、恐らく三船プロ制作分だけでしょう。

http://www.asa-takamatsu.co.jp/topics/detail.php?id=251


第30話 それ行け登れ!二千段あらすじ(走れ!ケー100応援サイト 発車オーライ!走れ!ケー100)



湯浅憲明監督・関根恵子主演の映画「成熟」(1971年、大映)は鶴岡市が舞台になっていて、湯野浜温泉駅も少し登場します。DVD化済み。

脚本はケー100で第1話や山形編も含めて22本を書いている高橋二三氏です。


f:id:keyboar:20131129011324j:image:w520

ちなみに二の坂茶屋では絵葉書とこの庄内方言手ぬぐいを買いました。

f:id:keyboar:20130503172420j:image:w520

鶴岡駅の改札で見つけた、1947年制作の石膏のハチ公像。この像は湯野浜温泉の冨士屋旅館(1982年廃業)を経て、鶴岡市役所藤島庁舎(旧藤島町役場)に保管されていて、いつしか正体不明の犬の像となっていたのが、渋谷駅前の2代目ハチ公像(初代は戦時中に供出)の試作品と判明。2012年6月に鶴岡駅に設置されたそうです。


ハチ公と鶴岡とは、新聞に寄稿してハチ公を有名にした動物愛護家・斉藤弘吉が鶴岡出身という縁があります。

http://www7.ocn.ne.jp/~chido/hachiko.htm


旅程まとめ

●2013年5月2日

出発

【神奈川】横浜・放送ライブラリー

実写版忍者ハットリくん第1話、お荷物小荷物最終話など視聴


●5月3日

【山形】鶴岡・出羽三山神社


●5月4日

【青森】青い森鉄道 向山駅ミュージアム、津軽鉄道ストーブ列車乗車

あけぼの乗車(弘前→上野)


●5月5日

【静岡】熱海駅、天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅転車台見学ツアー、遠州鉄道30形乗車

【東京】八王子駅


●5月6日

【東京】高尾駅

【千葉】俺妹ラッピングモノレール

千葉モノレールの「俺妹」ラッピング編成を撮影 - きーぼー堂

帰宅


2013-11-21

コスプレ痛車フェスティバルでハルヒコス、そのまま珈琲屋ドリームに入店

| 00:26 |

11月3日、大阪南港で開催されたコスプレ痛車フェスティバル(コス痛)に行って来ました。

f:id:keyboar:20131115233946j:image:w500

みっくんのハルヒ痛車「ハルフィード」の前で。

ハルヒ:さいぱんさん

みくる:なたんさん

長門:ハイジさん

f:id:keyboar:20131115233951j:image

f:id:keyboar:20131115233950j:image:w400

版権イラストを再現。

f:id:keyboar:20131115233945j:image:w520

何か戦ってるw

f:id:keyboar:20131121005136j:image:w520

f:id:keyboar:20131121005135j:image:w520

ストライクウィッチーズの人型ネウロイのネウ子さんと謎のコラボ!動作が凄く面白かったですよー。

関連:アニプリズム「リラックマ劇場♪」byがれ〜じみやけ+ねうろ子さん♪ 涼宮ハルヒ(背景)の現状/ウェブリブログ


f:id:keyboar:20131115233942j:image:w520

他にもハルヒ痛車が1台ありました。

f:id:keyboar:20131115233938j:image:w520

f:id:keyboar:20131115233937j:image:w520

f:id:keyboar:20131115233936j:image:w520

f:id:keyboar:20131115233935j:image:w400

ロングヘアーのハルヒ最高!

f:id:keyboar:20131115233939j:image:w520

中2病でも恋がしたい!の痛車

f:id:keyboar:20131115233944j:image:w480

黒猫、六花、小鳩と作品を越えて中2病キャラが集結してるイラストがあって・・・ちょ、六花がいるぞwwwwwww

f:id:keyboar:20131115233941j:image:w280

ドールでした。眼帯の紐が目に被っちゃってるんだけどw

f:id:keyboar:20131115233940j:image:w520

凄い存在感です。

f:id:keyboar:20131115233931j:image:w520

正面はモリサマー。

f:id:keyboar:20131115233925j:image:w520

とある科学の超電磁砲の美琴と黒子の痛車。2011年4月24日にも阪急西宮ガーデンズの駐車場で見かけた事がありました。

f:id:keyboar:20131115233933j:image:w520

f:id:keyboar:20131121005137j:image:w520

電撃姫って雑誌を連想しちゃう。

f:id:keyboar:20131121005134j:image:w480

天井を見るための脚立が置いてあったのでのぞき見。

f:id:keyboar:20131121005133j:image:w480

じょうこーさんのネウロイ化してる痛車。いや、痛くはないか。車高が自在に変わります。

f:id:keyboar:20131121011058j:image:w480

f:id:keyboar:20131121011057j:image:w480

じょうこーさん楽しみまくってました。

f:id:keyboar:20131115233930j:image:w520

変態王子と笑わない猫(変猫)の痛車

f:id:keyboar:20131121012653j:image:w500

f:id:keyboar:20131115233928j:image:w520

小豆梓かわいい。

f:id:keyboar:20131121012308j:image:w500

ラブライブ!のエリチと希。

f:id:keyboar:20131115233927j:image:w520

アイマスの伊織とやよいの痛車

f:id:keyboar:20131115233926j:image:w520

f:id:keyboar:20131115233924j:image:w520

この伊織は角度を変えると見えなくなります。

f:id:keyboar:20131115233923j:image:w400


f:id:keyboar:20131115233932j:image:w500

千早がまな板になってるwww


南港から珈琲屋ドリームへ。何と、閉店間際にハルヒコスのまま入店!ママさんに許可は事前に取ってあったという事です。

f:id:keyboar:20130728004601j:image:w500

f:id:keyboar:20131115233948j:image:w500

ミサキズムさんのコースターのイラストを再現してみました。コースターは今も在庫ありますよー。

珈琲屋ドリームの営業時間変更、定休日設定、ハルヒコースター再配布のお知らせ - きーぼー堂

珈琲屋ドリームの近況・開店のきっかけ - きーぼー堂


f:id:keyboar:20131115233947j:image:w500

f:id:keyboar:20131115233943j:image:w500

撮影にご協力ありがとうございましたー。

偶然、熊本から来たハルヒファンの方が居合わせていて嬉しそうでした。うちのブログの事もご存知でした。


404 Error - FC2ホームページ

KOBEぽっぷカルチャ―フェスティバル2nd いまいち萌えない娘勢揃い!痛車、いまもえタクシー展示 - きーぼー堂

【告知】宝塚アニメタウンフェスタで痛車展示(ハルヒ、なのは他)ついでにアニメーション神戸授賞式の痛車展示紹介 - きーぼー堂

2013-11-12

走れ!ケー100と大江戸捜査網のBGMの関係

| 00:09 |

伝説のドラマ「走れ!ケー100」道路を走る蒸気機関車で日本縦断! - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(1)門司港駅・関門トンネル・旧門築大久保駅 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(2)大阪(前編)御堂筋・中之島公園・(株)オーヨド - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(3)大阪(後編)大淀・中津 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(4)山形〜羽黒山(出羽三山神社)・鶴岡銀座商店街〜 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(5)向ヶ丘遊園・東京都多摩市桜ヶ丘・狛江市 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(6)港区麻布台・新宿駅西口 - きーぼー堂

走れ!ケー100・40周年記念パーティー参加レポート - きーぼー堂

f:id:keyboar:20131112020554j:image

里見浩太朗主演の大江戸捜査網を見ていたら走れ!ケー100のBGM(劇伴)が流れて来て驚きました。どちらも音楽が玉木宏樹氏とは知っていたのですが。


大江戸捜査網はケー100の放映途中で始まった第3シリーズで制作が日活から三船プロに変わっていて、その際に何故かBGMも一新されています。同じ曲をわざわざ再録音して、一部は若干アレンジされたりテンポが速くなったりしています。制作会社が変わった都合で前の音源が使えなかったのでしょうか?


第1・2シリーズも視聴して分かった事をまとめてみました。


●第1シリーズ 全52話 70年10月〜71年9月

主演:杉良太郎 ※初期は「大江戸捜査網 アンタッチャブル

第7〜19(11は欠番)・30・43〜45話の計16話を視聴


●第2シリーズ 全52話(通算53〜104) 72年4月〜73年3月

主演:杉良太郎

第57・75・77・95・97・102話の計6話を視聴


●第3シリーズ 全536話(通算131〜713) 73年9月〜84年3月

主演:杉良太郎→里見浩太朗→松方弘樹

77〜78年放送分を中心に計約40話を視聴


参考サイト

大江戸捜査網 - Wikipedia

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ


<曲A>

【走れ!ケー100】

使用例

●第7話「シュッポシュッポ海の上 広島の巻」

・アキオが砂浜でケー100を見つける

●第8話「どうして、どうして後もどり?岡山の巻」

・マリに倉敷の幼稚園に寄る約束をさせられる

●第30話「それ行け登れ!二千段 山形の巻」

・鶴岡市へ便利屋として買い出しに行く

●第40話「教頭先生は大助かり 大山の巻」

・ヒロシに出会う


【大江戸捜査網】

良く聴き比べるとケー100版と少し演奏が違う。第3シリーズでコメディーチックなシーンで使用。


●301「壮烈!首領、暁に死す」VHS収録

・内藤勘解由とお頭(三船敏郎)の会話

●335「隠密変化!謎の女」VHS収録 流れ星おりん(かたせ梨乃)登場

・ラスト、魚屋としておりんが走る

●358「嘘八百に賭けた夢」

・冒頭、縁日で絹の反物の口状を述べて売りさばくお花(鶴間エリ)

●362「遊女が秘めた謎の暗殺」

・岡場所で働く音次郎と金太

●367「遺産に群がる狐と狸」

・聞いた事も無いおじの遺産が入ると分かり、大勢の近所の人々に祝われ帰宅する熊五郎

●368「高利貸し百一文の陰謀」

・よし坊に付き添われてサラ金=更科屋金兵衛から金を借りる音次郎


どちらが流用なのか不明でしたが、ケー100より先に放送された第1シリーズでテンポが遅い別バージョンの使用が確認出来た事で、大江戸捜査網が元祖と判明しました。


●45「小判に秘めた恋」

ラストで「一つの事件が落着すると、決まってそこには人々の情愛の世界が待ち受けている。が、隠密同心はその世界に立ち入る事は出来ない。」というナレーションと共に流れる。


<曲B>

【走れ!ケー100】

第17・49話冒頭の紋太さんによるあらすじ説明シーンなど多数。


【大江戸捜査網】

第3シリーズのみで使用を確認。ケー100版とそっくりだが、合の手的な「ピロピロリ」という音が鳴らない。

●283「命を賭けたいかさま稼業」

●363「江戸っ子魚屋の世継ぎ騒動」

●367「遺産に群がる狐と狸」

・遺産を大喜びで大八車で運んで来る熊五郎と長屋の人達

●368「高利貸し百一文の陰謀」

・よしぼうに大根の売り声を教わる音次郎


<曲C>

【走れ!ケー100】

第7話広島編でアキオが自転車で家を出発するシーンなど。


【大江戸捜査網】

●14「初姿!花の喧嘩状」

・金を取って女湯をのぞかせるおとら

・仙吉に帯を締めてもらうおとら

●16「喧嘩渡世 命売ります」

・珊次郎、桜湯の2階にあわの右近(天知茂)を連れてくる

・珊次郎と右近が丁半博打に負けて言い合いをしながら歩く

●17「斬り込み大作戦」

・帰って来ない珊次郎、十蔵を心配するお七・仙吉・おとら


<曲D>

【走れ!ケー100】

第9話兵庫編の神戸港からの追いかけっこシーンなど多数。


【大江戸捜査網】

第1シリーズで事件が一件落着したラストシーンで使用を確認。ケー100版よりかなりテンポが遅い。

●16「喧嘩渡世 命売ります」ラスト 前奏から使われている

●44「狂った狼の群れ」ラスト 


第3シリーズではメロディはやや変わっていますが、これをアレンジしたようなテンポの速いシリアスな曲が存在し、「江戸の灯をたやすな!」(横浜の放送ライブラリーで視聴可能)で使用されています。サントラの6曲目。



<曲E>

【走れ!ケー100】

第10話大阪編で夜に水晶橋の上でカオリに決意を話す隆・野川先生に説教される紋太さんのシーンなどで流れる優しい曲。


【大江戸捜査網】

第2・3シリーズで使用を確認。

●75「おふくろ慕情」

・小波に息子のシンキチの事を信じていると話す母親(丹阿弥谷津子)

●97「御神火太鼓に男が燃える」

・珊次郎が太鼓の練習を手伝うと言ってくれたので、やる気を出すツネ 短め


●368「高利貸し百一文の陰謀」

・よし坊が父上なんて嫌いだと言う


というわけで、ケー100のBGMのうち大江戸捜査網の日活制作分で原型のBGMが存在していた事が分かったのは4曲あり、三船プロ制作分のみで確認出来たBGMが1曲ありました。無関係の他作品で音源そのものの流用では無く、アレンジを変えて演奏し直して使うというのは稀な事だと思います。


同様の例を紹介してみます。


映画「動乱」(1980)BGMから機動戦士Zガンダム(1985)BGM (作曲:三枝成彰)

参考:Zガンダムサントラ スコア流用:風雲アヘアヘ黙示録:So-netブログ

「動乱」のBGMは音楽製作がキティだった繋がりでうる星やつらで流用されたとか。

参考:うる星7・その他の音源


「戦国ロック はぐれ牙」OP(1973)からルパン三世(1977)サブタイトルBGM(作曲:大野雄二)


NHK少年ドラマシリーズ「夕ばえ作戦」(1974・映像が現存するかは不明)のテーマ曲から「江戸の旋風供(1976)テーマ曲(作曲:服部克久)

D

江戸の旋風兇BSフジの再放送が間もなく最終回。


テレビ番組では無いですが、モントリオール・オリンピック記念で1976年に発売されたマーチーズの「バレーボール応援歌」が何故かジャイアントロボ(1967)主題歌のメロディほぼそのままで面白いです。作曲は山下毅雄氏。CD「ヤマタケ・フォーエバー」に収録されています。


大江戸捜査網のサントラCDは一応1枚発売されています。収録時間が59分しか無く、ブリッジを数十種収録している反面、殺陣シーンで頻繁に流れるカッコイイ曲や毎回ラストで流れる爽やかな曲が入っていないなど、かなり微妙な選曲です。ED「流れ橋」の曲名を「いろはにほへと」と間違えています。


ジャケットのロゴが「大江戸捜査網 アンタッチャブル」で第1シリーズ初期を思わせますが、三船プロに移ってからの音源しか入っていません。まさか音源紛失してないですよね?


大江戸捜査網 第1シリーズがCSのファミリー劇場、第3シリーズがホームドラマチャンネルで放送中です。

大江戸捜査網【連日】 || ファミリー劇場

no title


追記:2014年1月6日から第3シリーズの再放送がBSジャパンで開始されました。

http://www.bs-j.co.jp/official/ooedo/


第1シリーズは第19話までだけDVD化されていて、DMMやゲオ(1・2巻が無い)でネットレンタルが可能です。第3シリーズは計6話がVHS化されたのみ。

f:id:keyboar:20131112021240j:image

私は第3シリーズから入りましたが、終盤の展開がワンパターン化(「行こうか」→隠密同心 心得の条が流れる中を歩いて悪人の屋敷に乗り込む)していなくて、山猫お七(岡田可愛)が居る第1・2シリーズの方が好きになりました。


ケー100のサントラ出して欲しいなあ。ケー100のBGMはドラマ「陽あたり良好!」(1982、音楽:小林亜星、武市昌久)、「三匹が斬る!」(1987〜95、音楽:小林亜星)で何故か流用されているらしいですが、自分では確認出来ていません。


ちなみに、玉木宏樹氏の音楽担当作品はケー100と大江戸捜査網の他に怪奇大作戦(全話)とアニマル1(第1・23〜最終27話)も見ました。

2013-11-04

走れ!ケー100ロケ地探訪(3)大阪(後編)大淀・中津

| 00:59 |

伝説のドラマ「走れ!ケー100」道路を走る蒸気機関車で日本縦断! - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(1)門司港駅・関門トンネル・旧門築大久保駅 - きーぼー堂

走れ!ケー100ロケ地探訪(4)山形〜羽黒山(出羽三山神社)・鶴岡銀座商店街〜 - きーぼー堂


「走れ!ケー100」オープニング

走れ!ケー100ロケ地探訪(2)大阪(前編)御堂筋・中之島公園・(株)オーヨド - きーぼー堂

↑の続きです。

f:id:keyboar:20131024193549j:image

f:id:keyboar:20131024193546j:image:w400

2013年10月4日撮影

中国料理の店から出て来た紋太さんが、恩師・野川先生に偶然出会います。

「大淀飯店」があった一帯は関西共同印刷所(大淀中3丁目14-11)となっています。

大淀小松とこの大淀飯店でロケ地は大淀が中心と確信しました。当時の住宅地図で辛うじて特定。


野川先生を演じる藤岡重慶さんが初めて映るカットは、渋い顔でタバコを吸っていてヤクザか何かにしか見えず、先生と分かった時は凄く意外でした(汗)

f:id:keyboar:20131024193548j:image

f:id:keyboar:20131024193547j:image:w400

2013年10月4日撮影

修理工場(大淀小松、現・オーヨド)から試運転中に制御が効かなくなり勝手に走り始めたケー100。右のビルは当時も今も橘香料(大淀中3丁目14-2)。ケー100は修理工場に向かって進んでいる事になり、この直前のカットからすると逆戻りしています。

f:id:keyboar:20131025173833j:image:w520

2012年10月24日撮影

ケー100を探し阪急中津駅の近くの浜中津橋を歩く隆たち。中之島公園で節子さんと出会ってから約3km歩いて来ている事になります。あまり変化が無いので劇中画像は省略します。


この付近は緒形拳主演の映画「野獣刑事」(1982)でも阪上(泉谷しげる)の車の暴走シーンのロケ地となっています。

参考:ロケ地■北区中津: 映画「野獣刑事」信者


f:id:keyboar:20131106221745j:image:w520

2012年10月24日撮影

浜中津橋は、日本最古の鉄道鉄橋です。明治7年の東海道線大阪〜神戸開業時にイギリスから輸入されて下十三川橋梁として架けられ、その一部が昭和10年に道路橋として転用されて現在に至っています。


大阪市:浜中津橋(はまなかつばし) (…>橋>橋の紹介)


f:id:keyboar:20131025173834j:image:w500

2012年10月24日撮影

歩いている下をケー100がやって来るのに、隆たちは気付かないわけで。ここは修理工場から約1kmです。

f:id:keyboar:20131102230118j:image

f:id:keyboar:20131102230119j:image:w500

2012年10月24日撮影

残念ながら、現在はこのトンネル状の空間には柵が設置されていて入れません。まるで廃線跡みたい。後で登場する中津二之橋が見えます。

f:id:keyboar:20131005112340j:image

f:id:keyboar:20131102234049j:image:w520

2013年10月22日撮影

ケー100と阪急電車と日本最古の鉄道鉄橋の共演が実現。ここを出てケー100は急停車。阪急梅田駅〜十三駅間は良く歩いているので、ケー100のロケ地の中でも一番身近な場所です!

f:id:keyboar:20131106221802j:image:w450

2012年10月24日撮影

ケー100の模型と記念撮影

f:id:keyboar:20131106215346j:image

f:id:keyboar:20131106215345j:image:w500

2012年10月24日撮影

国道176号線の十三大橋。十三大橋を含め、この界隈は村上かつら「淀川ベルトコンベアガール」(全3巻)の舞台でもあります。

あげ工場で働く16歳の少女、かよは鉄橋の下で阪急電車がすれ違う間に3回願い事を叫ぶと叶うという噂を信じて「ともだちが、ほしい!!」と叫びます。


参考: 淀川ベルトコンベアガール@大阪淀川区十三 - 人は島嶼にあらず


f:id:keyboar:20131024221050j:image

嘉代(紋太の母)「えーなーノブ!今日中に紋太を見つけんと、今月分の給料やらんからな!」

ノブちゃん「おかみさんそんな無茶な〜〜・・・」

f:id:keyboar:20131024221049j:image:w480

2013年10月4日撮影


看板が見える北大阪運送は、現在は同じ場所で新北大阪運送と名前を変えています(大淀中3丁目11-8)。カメラが左に移動して行きます。

f:id:keyboar:20131024221051j:image:w520

劇中で映っていたのと同じ建物は見当たりません。


f:id:keyboar:20131102232114j:image

f:id:keyboar:20131102232113j:image:w480

2013年10月4日撮影

奥から来た嘉代が野川先生に激突、紋太さんは左へ逃走。左の会社の人達(?)がロケを見物しています。

直前のカットと同じ建物が奥に見えるので特定は出来ましたが、全く面影がありません。このカットでは一瞬左上にマイクが映り込んでしまっています。ケー100では琵琶湖、静岡編、能登の海岸など、良く見られる現象ですw

f:id:keyboar:20131102230117j:image

f:id:keyboar:20131102230116j:image:w520

2013年10月4日撮影

紋太さんが逃げた方向へ行き、交差点を左へ2回曲がるとここに出ます。左奥にまた橘香料のビルが見えています。ここはケー100が走っている時にも全く同じアングルで登場。

f:id:keyboar:20131025173841j:image

f:id:keyboar:20131025173835j:image:w520

2012年10月24日撮影

紋太さんが追い付かれたのは、道路から淀川の堤防に上がる歩道橋。

f:id:keyboar:20131104014049j:image:w500

2012年10月24日撮影

中津二之橋といい、大正14年(1925年)製。昔は黒かったとは。ここも以前から知っている場所です。


同型で近くにある豊崎一之橋がAIRのオープニングで登場しています。ケー100を見た事があってAIRもプレイした人ってそうそう居ないですよねー。


ホームページ移転のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ


f:id:keyboar:20131104015422j:image

f:id:keyboar:20131104020432j:image:w550

2012年10月24日撮影

阪急、特に京都線の車窓から良く見えます。橋の下の長柄運河は1969〜71年に埋め立てられたはずですが*1、ケー100の1973年当時でも水が流れていた事が確認出来ます。なぜ?


参考:十三のいま昔を歩こう : Category [ 長柄運河を歩く ]


f:id:keyboar:20131025173840j:image

f:id:keyboar:20131025173836j:image:w520

中津二之橋を横から。堤防側の地形が変わっていて撮りにくいです。

f:id:keyboar:20131107101542j:image

長柄運河跡を利用して阪神高速淀川左岸線の延伸部が建設される予定で、そうなれば風景は大きく変わり、これらの歩道橋は撤去されるかも知れません。2013年2月に計画凍結の解除が発表され、地下40m以深に4車線の予定で、2020年度(平成32年度)完成予定という事です。


完成予想図は阪神高速道路株式会社 公式サイト淀川左岸線より。


f:id:keyboar:20131104013038j:image

f:id:keyboar:20131103212039j:image:w480

2012年10月24日撮影

真ん中の工場に注目。

f:id:keyboar:20131103212038j:image:w480

堤防の上から 2012年10月24日撮影

ここは、手塚治虫先生が(旧制)北野中学時代に勤労動員で働かされた大阪石綿という工場の跡地です。

こちらに掲載されている古い地図で確認出来ます。

のりみ通信 六稜会館での手塚治虫作品展


2014年1月23日追記:大阪石綿の跡地はサッパボイラとされていましたが、そこでは無くすぐ近くの別の場所という可能性が出て来ました。こちらの記事のコメント欄をご覧下さい。

ゴリモンな日々 | 手塚治虫ゆかりの工場は中津の淀川沿いにありました

f:id:keyboar:20131106211929j:image

当時の体験を元にして描かれた自伝的漫画「紙の砦」(1974年)では旋盤工場という設定で、最寄りの阪急中津駅、淀川の河川敷(まさにこの辺り)が登場したりしています。


現在は日本で唯一蒸気機関車のボイラー修復を手がけている会社として有名な「サッパボイラ」があります。いつの建物なんでしょう。サッパボイラは、有価証券報告書では大正7年現在地で創業という事になっているのが謎です。

f:id:keyboar:20131104082618j:image

f:id:keyboar:20131104082617j:image:w480

2012年10月24日撮影

汽笛が聞こえた方向へ紋太さんは走り、ケー100を発見。道路標識が同じですね。

左上に建っていた小屋は無くなっています。


f:id:keyboar:20131106221323j:image:w300 f:id:keyboar:20131106221222j:image:w300

2012年10月24日撮影

遂にケー100を見つけた!後ろは東海道線大阪〜塚本間の下淀橋梁。

f:id:keyboar:20131106221322j:image:w300 f:id:keyboar:20131106221324j:image:w300

2012年10月24日撮影

後ろは新十三大橋。

f:id:keyboar:20131106221223j:image:w500

2012年10月24日撮影

ケー100は右の坂を上がって来ました。


f:id:keyboar:20131104012651j:image:w300 f:id:keyboar:20131104012937j:image:w300

f:id:keyboar:20131104011921j:image:w520

2012年10月24日撮影

隆と紋太さんが感動の再会を果たした場所!背後の広い敷地は大淀配水場で、現在は梅田スカイビルが目立ちます。

f:id:keyboar:20131025183047j:image

f:id:keyboar:20131025183048j:image:w520

2012年10月24日撮影

ノブちゃんに「紋太さんは北海道行きをやめて鹿児島へ帰る事になったんよ」と告げられ怒る隆に「隆くん、実はな・・・」と言いかける紋太さん。

劇中では朝日放送(ABC)の電波塔、大阪タワー(1966年完成、2009年解体)とホテルプラザ(1969年完成、2011年解体)が見えます。

f:id:keyboar:20131025183049j:image:w520

2013年10月4日撮影

ちょうど一年後。かなりマンションの建設が進んで窮屈な感じに。

f:id:keyboar:20131103212040j:image:w550

対岸からの大阪タワー 2007年7月8日撮影

f:id:keyboar:20131104084649j:image:w500

2009年3月27日撮影

大阪を舞台にしたウルトラマン第26・27話「怪獣殿下」前・後編では、科学特捜隊が怪獣ゴモラ対策本部を大阪タワーの展望台に設置するそうです。ウルトラマンもケー100もキー局はTBSですが、いわゆる「腸捻転」時代なので関西での本放送は朝日放送でした。


ケー100では登場人物が現実の地理からすると有り得ない道順や速さで動いている事が良くありますが、大阪編はロケ地が狭い範囲に密集していてほぼ自然にまとまっています。地元では無いけど、ケー100が自分が良く通る場所に来ていたと分かったのは嬉しいですね。


大阪編ロケ地探訪・動画版もご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=ri6IRxN9lD4

f:id:keyboar:20131107104808j:image:w520

登場順

A:修理工場(大淀小松→オーヨド)

B:大淀飯店

C:橘香料

D:浜中津橋

E:北大阪運送

F:紋太さん嘉代に発見され逃走、嘉代が野川先生に激突

G:中津二之橋

H:隆と再会

Googleマップでケー100大阪編ロケ地マップを見る


『走れ!ケー100』応援サイト・発車オーライ・走れケー100トップ

↑こちらで12月1日の走れ!ケー100 40周年記念パーティーの参加者を11月8日(予定)まで募集しています。大野しげひささん、大川栄子さん、秋元京子さんら出演者、スタッフに会える貴重な機会です。私も参加します!


第10話「隆くんがやって来た −大阪の巻−」あらすじ


ブラック・ジャック「アリの足」舞台探訪@大阪梅田・阪急百貨店前 - きーぼー堂

月光仮面に見る昭和30年代の大阪(1)大阪駅前1 - きーぼー堂

忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻(1983)舞台探訪@伊賀上野 - きーぼー堂


なかつなかつ 2014/01/22 00:35 初めまして。中津で生まれ育った者です。このロケの時、野次馬として傍で見てました。浜中津橋下を通過するシーンだったです。小学3年生ぐらいだったでしょうか。偶然立ち会わせたって感じで「うわー けーひゃくやー!」って叫びました。中津の懐かしい風景も見れて感動です。当時の中津二之橋は床(?)が板張りで所々破れてて下が丸見えでスリル満点でした。(笑)長柄運河はウチら辺りでは中津運河と呼んでいました。流れは無く水溜りって感じでしたよ。ザリガニとか良く釣りました。

きーぼー(なかつさんへ)きーぼー(なかつさんへ) 2014/01/24 18:37 >なかつさん
中津でケー100を目撃した方が現れるとは!貴重な体験談ありがとうございます。その後、隆くんが紋太さんに鹿児島のお土産を渡そうとする場面では、堤防の上の道に偶然居合わせたらしい3人ほどの子供?の人影が小さく映っています。運河は、流れは無かったんですね。

走れ!ケー100記録写真集によると、大阪編のロケは1973年5月10日(木)から13日(日)までだそうです。

halhal 2014/06/03 01:20 ケー100好きで小学生の時見てました。
中津近辺は平成入ってから就職で、外回りしてた時によく通ったので
雰囲気が懐かしいです。 ABCは就活の面接で行きましたが、役員面接?でボツにw
ホント懐かしいです。

きーぼー(halさんへ)きーぼー(halさんへ) 2014/06/16 01:21 >halさん
私も5ヶ月だけとは言え中津近辺で働いていたので馴染み深い土地です。ABCは解体の前に一度近くに見に行ったぐらいでした。

ケー100のDVDは入手困難ですが、記事中でも触れている映画「野獣刑事」もロケ地の一部が中津で、もし興味があったらDVDを探してみて下さい。