スマートフォン用の表示で見る

山陽新幹線

地理

山陽新幹線

さんようしんかんせん

新大阪博多間 553.7 km *1を結ぶ新幹線

1972年新大阪岡山間で開業。1975年博多まで延伸開業し、今の新大阪博多間の形となった。民営化後の運営はJR西日本東海道新幹線と繋がっており、東京博多間を「のぞみ」が直通で運行している。九州新幹線ともつながっており、新大阪鹿児島中央間を「みずほ」「さくら」が直通運行している。

トンネルが多い。

*1営業キロでは644.0 kmだが、これは平行在来線の距離。また、運賃・料金計算に使われる岩徳線まわりの営業キロは622.3 km