芸備線

地理

芸備線

げいびせん

JR西日本鉄道路線地方交通線)。備中神代駅広島駅 159.1km。全線非電化単線

中国山地西部の山間を走る路線。

運転形態

全線を通して運転される列車はなく、備後落合駅三次駅運転系統が分けられている。広島駅〜三次駅間の一部列車を除き、ワンマン運転が行われている。

歴史

広島駅〜備後庄原駅は芸備鉄道により開業した路線である。1923年に全通したが、うち備後十日市(現在の三次駅)〜備後庄原駅は国有化され庄原線となった。庄原線は1935年に備後落合駅まで延伸された。小奴可駅〜備中神代駅間は三神線として開業し、1936年10月10日に小奴可駅〜備後落合駅が開業した際に備中神代駅〜備後十日市駅間を三神線とした。1937年7月1日、芸備鉄道全線を国有化し、備中神代駅〜広島駅]間を芸備線とした。

優等列車

急行みよし(広島駅〜三次駅間。一部列車は備後落合駅まで普通列車として運転
2007年6月30日の運行を最後に廃止された。

快速

みよしライナー(広島駅〜三次駅)
2007年7月1日より、それまでの「急行みよし」から置き換わった。

駅一覧

駅名よみ
「えき」は略
接続
新見駅にいみ伯備線
布原駅ぬのはら芸備線の列車のみ停車
備中神代駅びっちゅうこうじろ伯備線
坂根駅さかね
市岡駅いちおか
矢神駅やがみ
野馳駅のち
東城駅とうじょう
備後八幡駅びんごやわた
内名駅うちな
小奴可駅おぬか
道後山駅どうごやま
備後落合駅びんごおちあい木次線
比婆山駅ひばやま
備後西城駅びんごさいじょう
平子駅ひらこ
高駅たか
備後庄原駅びんごしょうばら
備後三日市駅びんごみっかいち
七塚駅ななつか
山ノ内駅やまのうち
下和知駅しもわち
塩町駅しおまち福塩線
神杉駅かみすぎ
八次駅やつぎ
三次駅みよし三江線
西三次駅にしみよし
志和地駅しわち
上川立駅かみかわたち
甲立駅こうたち
吉田口駅よしだぐち
向原駅むかいはら
井原市駅いばらいち
志和口駅しわぐち
上三田駅かみみた
中三田駅なかみた
白木山駅しらきやま
狩留家駅かるが
上深川駅かみふかわ
中深川駅なかふかわ
下深川駅しもふかわ
玖村駅くむら
安芸矢口駅あきやぐち
戸坂駅へさか
矢賀駅やが
広島駅ひろしま山陽本線山陽新幹線
広島電鉄本線


リスト::鉄道路線

目次