スマートフォン用の表示で見る

伯備線

地理

伯備線

はくびせん

JR西日本の路線(幹線)。倉敷駅−伯耆大山駅間 138.4km

山陽本線山陰本線を結ぶ陰陽連絡線の中でも特に重要な路線である。列車は山陽本線を岡山駅、山陰本線を米子駅まで乗り入れる。全線電化。

歴史

1919年に「伯備北線」が伯耆大山−伯耆溝口間で開業、1925年に「伯備南線」が倉敷−宍栗(現・豪渓)間で開業した後、南北からそれぞれ線路を延ばしていき、1928年10月25日全通した*1

1982年7月1日、電化完成。

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
倉敷駅くらしき山陽本線
水島臨海鉄道
清音駅きよね井原鉄道井原線
総社駅そうじゃ吉備線
井原鉄道井原線
豪渓駅ごうけい
日羽駅ひわ
美袋駅みなぎ
備中広瀬駅びっちゅうひろせ
備中高梁駅びっちゅうたかはし
木野山駅きのやま
備中川面駅びっちゅうかわも
方谷駅ほうこく
井倉駅いくら
石蟹駅いしが
新見駅にいみ姫新線
備中神代駅びっちゅうこうじろ芸備線
足立駅あしだち
新郷駅にいざと
上石見駅かみいわみ
生山駅しょうやま
上菅駅かみすげ
黒坂駅くろさか
根雨駅ねう
武庫駅むこ
江尾駅えび
伯耆溝口駅ほうきみぞぐち
岸本駅きしもと
伯耆大山駅ほうきだいせん山陰本線


リスト::鉄道路線

*1:ただしこの時点では一部不通区間があり、全線開通したのは同年11月25日。