スマートフォン用の表示で見る

かくかくしかじか

キーワードの候補

2件

一般

かくかくしかじか

かくかくしかじか

「長い説明を省略している」際に用いられる言葉。漫画等でよく使われる。


『全国こども電話相談室』によると以下の通り。

どういうところで使われるかというと、とっても長い説明が前にあって、それを省略する時なんかに使われるよね。つまりこれはね、「かくかく」と「しかじか」というふたつの言葉がくっついて出来た言葉なんです。「かくかく」というのは、「こうだこうだ」という言葉の古い言い方だと思って下さい。「しかじか」というのも、「このように」という意味をいう古い言葉なんですね。


そうすると「かくかくしかじか」の意味は、「このように・このように・このように・このように」ということがつながっているということなんですね。つまり、「前に言ったことと同じ意味ですよ」ということなんです。

マンガ

かくかくしかじか

かくかくしかじか

東村アキコの漫画。

Cocohana集英社)にて2012年1月号から2015年3月号まで連載された。単行本全5巻。

作者の自伝的作品。美大への進学を希望する女子高生林明子が、絵画教室スパルタな先生・日高健三らと出会い、進学や就職を経て漫画家として歩みだす道程が描かれている。

2015年、第8回マンガ大賞を受賞。