スマートフォン用の表示で見る

アール・ブリュット

アート

アール・ブリュット

あーるぶりゅっと

仏:Art Brut

「生の芸術」という意味のフランス語。artは芸術、brutはワインなどが生(き)のままであるようすをいい、画家のジャン・デュビュッフェ1945年に考案したカテゴリーである。

正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した、既存の芸術のモードに影響を受けていない絵画や造形のこと。

精神を病んだ者による芸術、というニュアンスは持っていないが、精神の療養の手段として絵を描くなどの創造行為が有効であるとしばしば考えられるため、治療の一環として描いた絵が後にアール・ブリュット作品として評価を受けるというケースが多い。

したがって、上の条件を満たす作品の多くが、結果的にそのような人々によるものである。