スマートフォン用の表示で見る

ウェールズ語

一般

ウェールズ語

うぇーるずご

(英語:Welshウェルシュウェールズ語: Cymraegカムライグ

ウェールズWalesウェールズ語: Gymruカムリ)で話されている言語で、ケルト語派ブリソン諸語に属する。英語ではウェールズ語のことを「Cymric(キムリック)」とも呼ぶ。

ロンドンを「LLUNDEIN(スィンダイン)」イングランドを「LLOEGR(スォイゲル)」と読 あ、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの「コーギー」(corgi 小さい犬)はこれだ。

ウェールズ語の現状

現在のウェールズでは、ウェールズ語は英語と並んで公用語とされる。道路標識公文書は、2言語で表記されている。例えば、イングランドから鉄道または自動車ウェールズに入ると、国境付近に設置された看板には、2言語で『Welcome to Wales』『Croeso i Gymru』(クロイソ イ ガムリ)と書いてある。