カーリング

キーワードの候補

2件

スポーツ

カーリング

かーりんぐ

[英] CURLING

カーリングとは、氷上で行うスポーツのひとつ。発祥地スコットランド

4人一組の2チームが握りのついた丸い石(ストーン)を氷の上で投げて滑らせ、約37m離れたハウス(目標区域)に入れて得点を競うもの。ブルーム(箒(ほうき))で氷上を掃き、石の進路を変える。高度な戦略が必要なことから「氷上のチェス」とも言う。

2007年には女子世界選手権青森で開催。

2010年バンクーバーオリンピックにはチーム青森が女子日本代表として出場。

基本用語

  • ハウス - プレイの中心であるリング(円)。
  • ドロー - ハウスの中にストーンを止めること。
  • ガード? - 味方の他のストーンを守るために置くストーン。状況によっては相手のストーンもガードに利用される。
  • テイクアウト - ハウスの外に敵のストーンをはじき出すこと。
  • スウィーピング - 投げられたストーンの進路上(前)をブラシで掃く行為。

チーム構成

1チームは4人のメンバーで構成されており、以下の通り、投げる順番によって、ポジション名が決まっている。

  1. リード(1、2投目)
  2. セカンド(3、4投目)
  3. サード(バイススキップ)(5、6投目)
  4. スキップ(7、8投目)

また、補欠選手1名の登録が認められており、これを

という。ただし、ローカルな大会や練習試合では、ほとんど必要とされない。

試合形式

  • 4人1組の両チームが2投ずつ、合計16投のストーンを投げ、これを1エンドとする。
  • 1エンド終了ごとに得点を計算し、いずれかのチームに得点が入る(もしくはいずれのチームにも得点が入らない*1*2
  • 10エンド終了時点で各エンドの合計得点が多いほうが勝者となる。
  • 10エンド終了時点で両チームの得点が同じ場合には、エキストラエンド延長戦)を行い、1エンドごとに勝負がつくまで実施する。
  • ゲームスタート時には、ジャンケンやコイントスなどにより、各チームのサードが1エンド目の先攻・後攻もしくはストーンの色を選ぶ権利を得ることができる。
  • 2エンド目以降は、直近のエンドで得点を獲得した方が先攻となり、直近のエンドがブランク・エンドだった場合には、直近のエンドの先攻・後攻が引き継がれる。
  • 各チームに攻撃するための持ち時間は73分間与えられており、持ち時間とは別に1分間のタイムアウトを2度取ることができる。さらに、その他に5エンド終了時に7分間の休憩がある。
  • 試合が終了するまでに持ち時間を使い切ってしまうと、得点に関わらずそのチームは負けとなる。

得点

各エンドにおいて、以下の条件を満たすものが得点として計算される。

  • ハウスの内側*3にあるストーンのみが得点の対象となりうる。
  • 得点できるのは、ハウスの中心に最も近いストーンがあるチームだけ。
  • 相手チームより中心に近いストーンすべてが得点になる。

その他のルール

  • フリーガードゾーンルールとよばれ、各チームのリードが2投ずつ投げ終わるまで*4は、相手チームのリードがフリーガードゾーンに投げたストーンをテイクアウトすることができない。ただし、ウィックショット*5は可能である。
  • スキップもしくはサードのみが、相手チームが投げたストーンをスウィーピングできるが、投げたストーンがティーライン*6を越えてからというルールがある。

ショットの種類

  • カム・アラウンド?
  • フリーズ
  • レイズ
  • ロール?
  • ピール?
  • ウィック
  • ヒット・アンド・ステイ?
  • ヒット・アンド・ロール?
  • ダブル・テイクアウト?
  • トリプル・テイクアウト?
  • レイズ・テイクアウト?
  • プロモーション・テイクアウト?

*1:ブランク・エンド

*2:各エンドにおいて、両チームに得点が入ることはない

*3:ハウスの外縁鉛直上にストーンが一部でもあればよい

*4:計4投終了まで

*5:アウトさせないように当てて動かすこと

*6:ハウスの中心を通り、リンクの長手方向に対して垂直にひかれている線

カーリング

かーりんぐ

CARLING

クアーズブリュワーズのブランド名。

イングランドリーグカップのスポンサーをクアーズが務め、「カーリングカップ」として冠されている。

このキーワード編集待ちキーワードです。説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。