スマートフォン用の表示で見る

キャトルミューティレーション

一般

キャトルミューティレーション

きゃとるみゅーてぃれーしょん

キャトルミューティレーションとは、動物の死体の一部が切り取られ、しかも血液がすっかりなくなるという異常な惨殺事件のこと。 1960年代前半から、おもにアメリカで起きた。

犠牲者となるのは家畜、特に牛が多い。

宇宙人の仕業だなどと騒がれた。 現代の都市伝説

「キャトル(牛)」と着いているが、実際にこの類の事件として騒がれたのは「馬」での変死体からである。 よって、動物一般を指す。

 この牛の変死体事件が騒がれた当時、既に調査実験が何度か行われている。 

…方法は、牛の死体を牧場に放置して、その経過を観察すると言う物。 結果、メスの様な刃物の切り口は、野生動物(野犬やコヨーテ、鳥)の捕食の痕。 乳房生殖器が切り取られていた理由は、その部位が柔らかいからだ。 血が一滴も無くなっていたのは、重力で死体の血が下に降りて、地面に吸収されたに過ぎなかった。 病死した家畜が、何時の間にか離れた所で行き倒れて、暫くして見つけたら、あんな姿に…と言う辺りが真相らしい。 

 別の件で「牛がUFOから落とされて、骨が折れていた」との事件を調べても、牛に骨折の跡は無かったそうな。

アメリカの牧場と言うのは、もの凄く広大な土地で、飼われている牛馬の数も相当数であるから、こう言う事も起きるのだろう。 

 事件現場で「怪しい光」「怪しい飛行物体」を見たとの話が出てくるが、これらは、キャトルミューティレーション騒ぎの後から出てくる話題なので、単なる便乗である可能性が高い。 

 ごく一部に、これらの「事実」を考慮しても、まだ謎が残る事例が在ったかも知れないが、それは証拠・証言が不十分だったからに過ぎない。 合理的な事例があるのに関わらず、未だに「宇宙人の実験」話を持ち出すのは、ナンセンスの極みと言った所か。