スマートフォン用の表示で見る

グレリン

胃などから分泌されるホルモンの一種。



1999年、国立循環器病センターの児島・寒川らにより発見された。下垂体に働いて成長ホルモンの分泌を促進し、視床下部に働いて食欲を増進させる作用がある。また、循環器系やエネルギー代謝にも機能することが明らかになり、心機能の改善やCOPD慢性閉塞性肺疾患)の栄養障害改善などに効果が期待されている。