スマートフォン用の表示で見る

シックハウス症候群

サイエンス

シックハウス症候群

しっくはうすしょうこうぐん

建物の中、室内の空気中に含まれる物質によって様々な健康障害が起こる病気。たんに「シックハウス」と呼ばれる事もある。

その原因となるのは、建材・塗料・接着剤・シロアリ駆除剤・防蟻剤(クロルピリホス等)などに含まれる化学物質や、身近なものでは家具・カーテン・カーペット・あるいはヘアスプレー合成洗剤・芳香剤・服の防虫剤(パラジクロロベンゼンなど)・殺虫剤などに含まれている化学物質など。また、ダニの死骸やカビなども含まれるなど、じつにさまざま。

症候群としての症状は、広範囲・多岐にわたる。粘膜刺激症、精神・神経症、あるいはめまい・吐き気・どうきなど。

また、新築リフォームした家の建て主に対し、外部の人間がシックハウス症候群の原因物質の臭気を『感じる』、と不安を漏らしたことが原因で、建て主や家族が体調不良になるケースも。

現在では建築・建設業界もシックハウス対応の材料や商品を多く扱っているが、材料の品質に関してはまがい物がまかり通ることが少なくない業界である以上、確かめるためには化学物質過敏症の人にモニターになってもらうなどの方法でチェックする事が大切である。