スマートフォン用の表示で見る

シュビムワーゲン

一般

シュビムワーゲン

しゅびむわーげん

Schwimmwagen (独)


第二次世界大戦中にドイツ軍において使用された水陸両用車。英語表記としては VW type 128(フォルクスワーゲン128型車)など*1

ヒトラーの提唱した国民車「フォルクス・ワーゲン」を軍用にしたのがキューベルワーゲンで、それをさらに水陸両用車としたもの。

四輪駆動として悪路走破性を向上させている。さらに車体構造を防水に適したものと改めて、後部に着脱式プロペラ(スクリュー)を装備して水上での航行を可能とした*2

もっとも、戦場でそうそう水上走行する機会はなかった(まあ軍事行動しているときってのはそんなもんです)とされるが、悪路走破性の高さは好評だったとされている。

生産数が少なかったことから、配備は一部の機械化部隊や降下猟兵部隊、親衛隊などにとどまった。


現在

現在でもオリジナルの物が極少数、欧州米国に存在し、現代でも運用できるようレストアされた物、他の空冷ワーゲンから部品を流用して改造したレプリカ等、本来の目的を離れたレジャー用として非常にアウトドアに適した能力を生かし、またその希少性とも相俟って、一部にマニアックな人気のある車である。

*1:typ128とtyp166の2タイプがある

*2:シュヴィムワーゲンは直訳すれば「泳ぐ車」の意