スクリーンヒーロー

スポーツ

スクリーンヒーロー

すくりーんひーろー

スクリーンヒーロー

生年月日2004年4月18日生まれ・牡・栗毛
生産者社台ファーム北海道千歳)
グラスワンダー
ランニングヒロイン
母の父サンデーサイレンス
馬主吉田照哉
管理調教師矢野進美浦北)
鹿戸雄一美浦南)
競走成績23戦5勝(2009年12月引退)
主な勝ち鞍アルゼンチン共和国杯 ジャパンカップ


スクリーンヒーロー美浦トレーニングセンター矢野進厩舎、同師定年後は鹿戸雄一厩舎に所属した競走馬。祖母は名牝ダイナアクトレス、母はプライムステージの全妹ランニングヒロインという血統。


2006年・2007年(2歳・3歳シーズン)

2006年11月にデビューし、3戦目となる2007年1月の未勝利戦で初勝利を挙げた。この年はコンスタントに出走し、条件馬ながらラジオNIKKEI賞2着、14番人気で出走したセントライト記念を3着と好走、菊花賞の出走権利を獲得した。しかしながらレース後に左前脚の膝を剥離骨折していることが判明し休養に入った。

2008年(4歳シーズン)

矢野師の定年に伴い3月、鹿戸雄一厩舎へ転厩舎した。8月、復帰戦となった支笏湖特別で3勝目を飾ると、復帰後4戦目のアルゼンチン共和国杯重賞初制覇。続いて挑戦したジャパンカップを9番人気で優勝、GIを初制覇した。続いて出走した有馬記念は3番人気に支持されたが5着にとどまった。

2009年(5歳シーズン)

阪神大賞典から始動し4着。続いて出走した天皇賞(春)は2番人気に支持されたが14着の大敗を喫した。仕切りなおしての宝塚記念も中団から差を詰めたものの5着。天皇賞(秋)では7番人気ながら先行し2着と好走。史上初となる連覇を狙ったジャパンカップでは道中の不利も響き13着と大敗した。その後休養していたが12月4日に左前浅屈腱炎が判明、長期休養が必要な見通しとなったため12月9日付けで引退した。今後は北海道新ひだか町レックススタッドにて種牡馬となる予定。


スクリーンヒーローの血統


*グラスワンダーSilver HawkRobertoHail to Reason
Bramalea
Gris VitesseAmerigo
Matchiche
AmerifloraDanzigNorthern Dancer
Pas de Nom
Graceful TouchHis Majesty
Pi Phi Gal
ランニングヒロインサンデーサイレンス
*Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ダイナアクトレス*Northern TasteNorthern Dancer
Lady Victoria
モデルスポート*Model Fool
*Magic Goddess


リスト::競走馬

目次
    • スクリーンヒーロー
    • 2006年・2007年(2歳・3歳シーズン)
    • 2008年(4歳シーズン)
    • 2009年(5歳シーズン)
    • スクリーンヒーローの血統