スマートフォン用の表示で見る

タグ

tag。もともとの意味は荷札。

マークアップ言語におけるタグ

SGMLHTMLXHTMLXMLRSS他におけるタグ。人間が作った文章やデータをコンピュータに理解させるために用いられる、マークアップ(印つけ)をする文字列

HTMLでの例を挙げる。HTML文書(ウェブページ)の中に以下のコードがあるとする。

<title>はてなダイアリー - タグとは</title>

この場合「<title>はてなダイアリー - タグとは</title>」全体をtitle要素と呼ぶ。title要素とはHTML文書の文書タイトルのこと。

「<title>」を開始タグ、「</title>」を終了タグと呼び、まとめてタグと呼ぶ。

「はてなダイアリー - タグとは」の部分はtitle要素の「内容」と呼ぶ。

コンピュータウェブブラウザなど)はこの情報を受け、内容である「はてなダイアリー - タグとは」をそのHTML文書の文書タイトルとして表示する。タグは内容がどのような要素であるか、どんな情報を持つかを知らせる役目を果たし、同時に文書の構造を整えている。

ソーシャルブックマークにおけるタグ

ブックマークに情報を付けること、または、その情報。

はてなブックマークではタグ機能と同時に自動抽出されたキーワードで情報付けがされている。


関連:ソーシャルタギング

RFIDにおけるタグ

RFIDタグのこと。

荷札がICになっているタグのことであり、RFIDリーダ・ライタで読み取るが、

人間もそれが何かを知っている必要があるので、

通常は、バーコード・タグと併用されている。