スマートフォン用の表示で見る

ドレイク

キーワードの候補

2件

Frank Drake(1930-)

アメリカ天文学者。

1960年代に、地球外知的文明の存在の程度を推定する「ドレイクの方程式」を提唱した。

ドレイクの方程式

我々の銀河系に存在する地球外知的文明の数をNとすると、Nの値は次の方程式で表される。


N = R* × fp × ne × fl × fi × fc × L


  • R*:我々の銀河系恒星が形成される速さ
  • fp惑星系を有する恒星の割合
  • ne:1つの恒星系で、生命の存在が可能な環境を持つ惑星の平均数
  • fl:上記の惑星で生命が実際に発生する割合
  • fi:発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
  • fc:その知的生命体が星間通信を行う割合
  • L:星間通信を行うような文明の推定存続期間

リスト::天文学

一般

ドレイク

どれいく