スマートフォン用の表示で見る

ナイロン

キーワードの候補

3件

合成繊維のひとつ。ポリアミド系繊維(単量体がアミド結合 (-CO-NH-) により次々に縮合した高分子)の総称でもある。

カッパやウインドブレーカー、冬のジャンパー、ストッキング、水着などに使用されている。

世界最初につくられた合成繊維です。

シルク(絹)やコットン(綿)の靴下が 破れやすかったのですが、ナイロンで作られたそれらは 大変丈夫で破れにくかったのです。当時

石炭と水と空気から作られ、鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い」

と 言うキャッチフレーズでストッキング等良く売れました。

ナイロン繊維には化学式の1つの単位の中に 6個炭素がつながった「ナイロン6」(6ナイロンとも言われます)と 6+6個つながった「ナイロン6,6」(66ナイロンとも言われます)があります。

ナイロン6,6の方が物性的には優れています(大差はありませんが)。ナイロン6は日本が開発した繊維ですが 第二次世界大戦に負けたせいもあり、一時は日本独自開発とは認められなかったそうです。

非常にきれいな色に染まります。ですが 淡色は他の揮発成分を吸収(ナイロンは吸着しやすい性質があります)して黄変しやすいです。ダンボールに長期間入れておいただけで 黄変する事もあります。ダンボール紙に含まれる「リグニン」を吸着するためです。

濃色も実際は吸着しているのですが、わかりにくいだけです。

マンガ

ナイロン

ないろん

一般

ナイロン

ないろん