パリダカ

*1:本来は「パリ・ダカールラリー」の略称である.現在のコースはパリ〜ダカール間ではなくなっており,正式名称も「ダカールラリー」とされているため.「パリダカ」という略称は厳密には正しくないい.しかしながら慣習として「パリダカ」の略称は生き残り,現在も「ダカールラリー」の略称として使用されている.