スマートフォン用の表示で見る

フィリップ・マーロウ

読書

フィリップ・マーロウ

ふぃりっぷまーろう

レイモンド・チャンドラーの小説に登場する、ロサンゼルスの私立探偵。ただし離婚問題は扱わない。趣味はチェス煙草はフィルターつきのキャメルを吸う。「.....髪は濃い鳶色。グレイが少々混じっている。眼も鳶色。身長六フィート一インチ半。体重はおよそ百九十ポンド。姓名はフィリップ・マーロウ(Philip Marlowe)。職業は私立探偵」―「長いお別れ」より。映画化された作品では、ハンフリー・ボガートが演じたものが有名。

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1)) さらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2))