フビライ

一般

フビライ

ふびらい

Khubilai(英)、忽必烈(漢)

元帝国(元朝)の初代皇帝(在位1260年〜1294年)。モンゴル帝国皇帝(大ハーン)としては第五代。

ジンギスカンの孫にあたる。兄モンケの死後に皇位争いに勝利してハーンとなる。1271年には「元*1」と中国風の国号を定めている。

主に中国大陸での征服に力を入れ、大都(現在の北京)に都して金と南宋を滅ぼして世界史上屈指の大帝国を建設*2。さらにベトナムや日本にも遠征を行っている。

*1:正確には大元

*2:ただし、ハイドゥの乱などでモンゴル帝国の分裂が進んだ面もあり