マーチンゲール法

一般

マーチンゲール法

まーちんげーるほう

マーチンゲール法とは、掛け金を倍プッシュしていく手法で、昔からあるギャンブルの賭け方の一つです。

例えば、勝てば2倍・負ければ0の勝負で、掛け金10000円でスタートして、負けたら次は倍の20000円を賭けて勝負する…。

この流れを勝つまでずっと倍賭けして、一度でも勝てばそのまま勝ち逃げができるので、必ず利益が出るという考え方です。

ただし、持ち金に余裕がある+競馬やパチンコのように胴元の存在しないギャンブルである+勝ち逃げがまかり通る・・・という条件でのみでしか使えないので注意しましょう。

また、勝った時に倍プッシュする賭け方を逆マーチンゲール法と言います。