スマートフォン用の表示で見る

マン・レイ

写真家

関連語 リスト::写真家

MAN RAY(1890年-1976年)

本名エマニュエル・ロドニツキー。

ユダヤロシア人の子として1890年米国フィラデルフィアに生まれる。

7歳の時にニューヨークに転居し、スティーグリッツの"291"ギャラリーなどで数々の重要なアート運動の影響を受ける。

1915年、マルセル・デュシャン、フランシス・ピカビアらとニューヨーク・ダダを創始。ピカビアにすすめられ写真に興味を持つ。1921年パリに渡り、当時の文化の革新者であったピカソサティーブルトンコクトーらと出会う。

その後シュールリアリズムの主要なアーティストとなる。

印画紙の直接オブジェを置いて光を当てるレイヨグラフや、写真の白黒を作為的に反転させるソラリゼーションなどの新しい写真技術を開発した。

彼の主要な活動は1940年にナチの侵攻で帰国するまでパリで、1940年から1951年まではハリウッドを活動拠点とし、その後再びパリに戻り、亡くなるまでパリで活動を続けた。