スマートフォン用の表示で見る

ミレニアム懸賞問題

サイエンス

ミレニアム懸賞問題

みれにあむけんしょうもんだい

アメリカクレイ数学研究所によって2000年に発表された、100万ドルの懸賞金がかけられている数学の7つの未解決問題のこと。

具体的には、

である。

ちなみに、ポアンカレ予想については、2002年から2003年にかけ、ロシア人数学者グリゴリー・ペレルマンによって、これを証明したとする複数の論文arXivに掲載された。これらの論文について2006年の夏ごろまで複数の数学者チームによる検証が行われた結果、証明に誤りのないことが明らかになり、2010年3月18日にクレイ数学研究所ペレルマンの受賞を発表した。

ただし本人は受賞を辞退し、彼に与えられることになっていた賞金100万ドルは数学界へ貢献する形で使われることになると発表された。