ヤツメウナギ

動植物

ヤツメウナギ

やつめうなぎ

漢字では「八目鰻」 無顎類(円口類)頭甲綱(ヤツメウナギ類)ヤツメウナギ科に属する原始的な脊椎動物。魚類ですらなく、ウナギとは全くの別種。

  • 八目の名の元になった体側の黒い丸は、眼ではなく水を排出する穴。
  • 無顎類の名の通りアゴはなく、他の魚類に吸い付き体液を吸う。
  • 川で産卵し、海に下り冬に戻ってくる。
  • 日本では漁獲量が減っているが、ヘタに放流するとその地域の魚類を駆逐し生態系を壊滅させてしまう。
  • ビタミンAを豊富に含み、江戸時代から鳥目の薬として使われていた。
  • 蒲焼にして食べることもある。普通のウナギとは異なりクセが強い。
  • ミスティア・ローレライが焼いているのはウナギではなくこちら。

関連語 リスト::動物 リスト::魚類