愛新覚羅溥儀

一般

愛新覚羅溥儀

あいしんかくらふぎ

1908年、3歳で、宣統帝として清朝皇帝として即位1911年、退位。

1934年、28歳で、満州国皇帝として即位1945年、日本帝国敗戦にともなう満州国の消滅により地位を失う。ソ連軍により身柄を捕らえられたのち、中国に送還。

その回想録『わが半生』は、ベルナルトベルトルッチにより映画(『ラストエンペラー』The Last Emperor)化された。