スマートフォン用の表示で見る

医薬部外品

サイエンス

医薬部外品

いやくぶがいひん

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律では次のように定義されている。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律抜粋 第二条第2項)

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

一  次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの

イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

ロ あせも、ただれ等の防止

ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛

二  人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの

三  前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの


例えば、次のようなものがあたる。

薬用歯磨き剤、制汗スプレー、薬用クリーム、ベビーパウダー育毛剤、染毛剤、入浴剤、薬用化粧品、薬用石けん、他

簡単に言うと・・・

医薬品ではないが、医薬品に準ずるもの。

つまり効果・効能が認められた成分は配合されているが、それは積極的に病気やケガなどを治すものではなく、予防に重点を置かれたものといえる。対象となる物もはっきりと定められている。

また、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるという範囲。この作用の違いが、医薬品との大きな違い。

ラベルなどにしても、医薬品は「効能・効果」が明確に表示されているのに対し、医薬部外品の多くは単に「医薬部外品」とあるだけ。

配合された何の成分に、どんな効果が期待できると認められているのかは不明。