スマートフォン用の表示で見る

井原正巳

スポーツ

井原正巳

いはらまさみ

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダーセンターバック)。

1967年9月18日生まれ。滋賀県出身。身長182cm、体重72kg。

国際Aマッチ122caps5goals JリーグJ1リーグ)通算297試合出場。

守山高校時代にはFWだったが、筑波大学進学後にDFに転向。中山雅史は大学の同期。

大学時代に当時の横山謙三監督からサッカー日本代表に選出され、以降ハンス・オフトファルカン加茂周岡田武史フィリップ・トルシエと監督が変わる中でもDFの要として代表に選ばれ続け、1998年FIFAワールドカップでは主将も務めた。

代表最後の試合は1999年のコパ・アメリカでのボリビア戦。国際Aマッチ出場122試合は、 遠藤保仁に抜かれるまで日本歴代最多だった。

アジアの壁」「アジアリベロ」の異名を持ち、 三浦知良(カズ)と並んで1990年代の日本サッカー界を代表する存在だった。

1999年から2001年まで、2代目Jリーグ選手協会(現・日本プロサッカー選手会)会長も務めた。

2002年を最後に現役引退、指導者に転身した。

2006年、JFA公認S級コーチライセンスを取得。

指導歴

2006-2008
U-21/U-22/U-23日本代表コーチ
2009-2014
柏レイソルヘッドコーチ
2015-
アビスパ福岡 監督