スマートフォン用の表示で見る

茨木童子

一般

茨木童子

いばらきどうじ
茨木童子いばらきどうじ)は、平安時代大江山を本拠に京都荒らし回ったとされる「鬼」の一人。酒呑童子(しゅてんどうじ)の最も重要な家来であった。 茨木童子 - Wikipedia