スマートフォン用の表示で見る

印象主義

アート

印象主義

いんしょうしゅぎ

印象主義の起源は19世紀前半の西洋絵画に広く現れた自然主義的な動きにある。ターナーコンスタブル、ボニントンなど英国の風景画家が描き出した戸外の光の効果、コローやバルビゾン派の画家たちの自然観察に基ずく作品などである。彼らは印象派の画家たちに、戸外で制作し、先入観を捨てて自然を観察し、感覚をすばやく画面に留めて、明るく生き生きした効果を得る技法とその価値を教えた。

モネとその友人たちの印象主義は、1860年代中頃フォンテーヌブローの森で生まれた。とはいえその態度や方法には、当初からバルビゾン派の画家たちとは大きく異なるものがあった。バルビゾン派ロマン主義的な自然に対する思い入れに対し、彼らは都市生活者の軽やかなまなざしを風景画に持ち込んだ。

彼らは、田園の孤独より生き生きとした郊外の行楽地を好み、また新しいパリの町並みや鉄道なども描いた。