スマートフォン用の表示で見る

永井豪

マンガ

永井豪

ながいごう

漫画家

永井 豪(ながい ごう)

1945年(昭和20年)9月6日、石川県輪島市に生まれる。 幼時、手塚治虫の漫画に出会い、漫画家を目指す。高校卒業後、石森章太郎*1のアシスタントを経て、1967年(昭和42年)「目明かしポリ吉」(ぼくら11月号)でデピュー。 1968年(昭和43年)より始まった「ハレンチ学園」(少年ジャンプ)が大ヒット。社会現象にまでなり、漫画界の常識を塗り替えた。1972年(昭和47年)「デビルマン」「キューティーハニー」などがテレビアニメ化され、「マジンガーZ」でロボット漫画の新境地を開く。爾後「ドロロンえん魔くん」「グレートマジンガー」「UFOロボグレンダイザー」などテレビアニメ作品が続き、 また同時にヨーロッパでも放映され、世界的な人気に。 1980年(昭和55年)、「凄ノ王」で第4回講談社漫画賞受賞。

*

*1:1998年製作の元資料には、現石ノ森との注釈あり。故人