スマートフォン用の表示で見る

黄金の太陽

ゲーム

黄金の太陽

おうごんのたいよう

キャメロット制作、任天堂発売のRPGシリーズ。

ゲームボーイアドバンスで「黄金の太陽 開かれし封印」と「黄金の太陽 失われし時代(とき)」の2作品が発売された。

シャイニングシリーズの流れを引いている作品ではあるが、ストーリーは一新。

GBA初のRPGとしてリリースされたが、そのグラフィックはGBAとは思えないほど綺麗で、派手。

桜庭統氏によるBGMもまたGBAとは思えない出来で音質も大変良い。

「ジン」によるクラスチェンジシステムも斬新で好評。

ただ、肝心のシナリオ部分の評判は今ひとつ…なのだが、

  • 「ナイスですよ ジャスミン*1
  • ドドンパ、あなたはこころのそこまでくさっていますわ」
  • 「まさかガルシアまでダイブするなんて!」
  • 「なんてことでしょう!灯台の火がともるのを止められませんでした!」

など、その印象的かつ常人には理解し難い台詞回しが好きなファンも…いる。


2010年10月28日には、GBA版2作品の30年後を描いた続編「黄金の太陽 漆黒なる夜明け」がニンテンドーDSで発売された。

ストーリー

封印されし古代科学……錬金術。霊峰アルファ山に抱かれたハイディア村のソル神殿は、その封印を守護し続けてきた。しかし……その封印が破られた。「錬金術を極めし者は『すべて』を手にする」とまで言われた古の錬金術の底知れぬ力が……この世界のすべての物質を形成するという、地・水・火・風の4つのエレメンタルの力が……何者かの手によって解放されようとしている。錬金術の大いなる力の脅威にさらされた世界。この世界を最悪のシナリオから救うために、勇気あるものたちが、今、立ち上がる……!

シリーズ一覧

ゲームボーイアドバンス

  • 黄金の太陽 開かれし封印 (2001年8月1日発売)
    • バリューセレクション版 (2006年2月2日発売)
  • 黄金の太陽 失われし時代とき (2002年6月28日発売)
    • バリューセレクション版 (2006年2月2日発売)

ニンテンドーDS

黄金の太陽  開かれし封印 黄金の太陽 失われし時代 バリューセレクション 黄金の太陽 開かれし封印 バリューセレクション 黄金の太陽 失われし時代 黄金の太陽 漆黒なる夜明け

*1:本当はこの後少しセリフが続くが、ネタばれなどの関係もあるので、ここで止めておく。