下総

地理

下総

しもうさ

旧国名の一つ。東海道に属する。

明治時代までの令制国(りょうせいこく)としての地名。

西に武蔵、北に下野、北東に常陸、南に上総と隣接した。

現在の千葉県北部(千葉市八街市・印旙郡・成田市香取郡匝瑳市より北。ただし千葉市緑区の一部は上総国)と茨城県南部(結城市結城郡猿島郡古河市坂東市常総市守谷市取手市北相馬郡、および龍ヶ崎市下妻市の一部)に相当する。

江戸時代武蔵との国境が変更されるまでは、現在の東京都東部(江戸川区葛飾区江東区墨田区)も含まれていた。

元々「総国(ふさのくに)」だつたが、大化の改新の際に南半が上総(かみつふさ→かづさ)、北半が下総(しもつふさ→しもふさ)の2箇国に分けられた。後に上総から安房が分置された。

略称
総州
国府
千葉県市川市国府台
国分寺
千葉県市川市国分
一宮
香取神宮(千葉県香取市香取)
総社
六所神社(千葉県市川市須和田)