スマートフォン用の表示で見る

加山雄三

映画

加山雄三

かやまゆうぞう

歌手。アーティスト。俳優。タレント。

1937年4月11日生まれ。神奈川県出身慶応義塾大学卒。本名池端直亮。父親は俳優の上原謙。母は女優の小桜葉子で、小桜が旧五百円紙幣に肖像が採用された岩倉具視のひ孫であるため、加山は玄孫(やしゃご)に当たる。妻は元女優の松本めぐみ。次男は俳優の山下徹大。長女はタレント・料理研究家の梓真悠子。次女は女優の池端えみ。芸能一家である。

'60年代に制作・公開された映画「若大将シリーズ」をはじめ、数多くの映画・TVドラマなどで活躍し、歌手としても「君といつまでも」や「夜空の星」などのヒット曲をリリースし、弾厚作(だんこうさく)の名で作曲活動も手がけている。

また、昭和61年紅白歌合戦では少年隊の「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」と紹介したという伝説的なエピソードも有名。