スマートフォン用の表示で見る

加島祥造

読書

加島祥造

かじましょうぞう

詩人翻訳家、タオイスト。

1923年東京神田生まれる。2015年12月25日、死去。

早稲田大学英文科卒、カリフォルニア州クレアモント大学院留学。

詩グループ「荒地」に参加。

信州大学横浜国立大学青山学院女子短期大学等で教鞭をとり、フォークナートウェインなどのアメリカの翻訳を行う。

また、レイモン・ラニアン、リング・ラードナーなどのアメリカン・ユーモア文学の翻訳、紹介、ミステリSFなどの翻訳もある。

1993年老子」に出会い、英語からの自由な翻訳を試みた『タオ ヒア・ナウ』(PARCO出版)を出版、全訳を収めた『タオ―老子』(筑摩書房)とともにロングセラーとなった。

1990年頃から長野県駒ヶ根市に移住。詩人、文筆家として活躍する一方、墨彩画家として個展をおこなう。詩集求めない」のほか、随想集、画文集など著書多数。