スマートフォン用の表示で見る

老子

一般

老子

ろうし

Lao-tzu

中国古典「老子道徳経」のこと。あるいは、その著者とされる人物のこと。

人物

人物としての老子は姓を李、名を耳、字を老〔耳冉(たん)〕(一説に伯陽)という。春秋末年の楚国の役人で、道家学派の創始者であるとされるが、架空の人物であるとする説も多い。

道家においては老子荘子列子 の三名を三子と呼ぶ。

また、説話の上では孔子に教えを授けたともされる。

唐代に道教の最高神として神格化され、太上老君となった。

学問

いわゆる「無為」を至上と無し、漢代まで「黄老の学」として大きな位置を占めていた。

ただし「無為」は「無慈悲」に通じ(「天道無仁」)、また「小国寡民」に代表される思想(一般には「原始村落共同体」の理想と解釈される)が「由らしむべし知らしむべからず」にも通じるところがあり、決して「理想」のみを説いたものではなく、むしろある種の後ろ暗さが存在する思想であるともいえる。

そういう意味においては、「老荘」思想とひとくくりにできるものではないのが現実である。


関連語:二文字キーワード