スマートフォン用の表示で見る

海底二万里

読書

海底二万里

かいていにまんり

フランスの作家ジュール・ヴェルヌ1870年に発表した古典的SF冒険小説

『グラント船長の子供たち』『神秘の島』とともに海洋三部作をなし、日本では『海底二万里』、『海底二万海里』、『海底二万リュー』、『海底二万マイル』などと訳される。

ネモ船長やノーチラス号など、魅惑的な人物や船舶で物語の核が紡がれ、多くの亜流のSF系作品が後に登場する。