スマートフォン用の表示で見る

丸山ワクチン

サイエンス

丸山ワクチン

まるやまわくちん

日本医科大学名誉教授の丸山千里博士が1944年に開発したガン治療薬。

当初は結核の治療薬として開発されたが、

 

結核菌と同族の菌が起こす病気、ハンセン病にも効果がある」

「観察によれば、結核ハンセン病の患者にはガンが少ない」(観察による=統計ではない)

「ガンにも効く」

 

という論法で、ガン治療薬とされている。

 

ガン治療薬として噂になったことから、患者を始め民間で期待が高まったが、現在のところ効果が証明されたとはいえず、日本ではいまだに認可が下りていない。

 

なお、このワクチンを10〜100倍に濃縮した「アンサー20」は、放射線治療の白血球減少抑制剤として認可されているほか、類似の薬剤がガン治療薬として認可されており、「丸山ワクチンつぶし」の陰謀を主張する人もいる。

一方で、そもそも「類似の薬剤」が認可された方がおかしい、と主張する人もいる。