スマートフォン用の表示で見る

京都市動物園

動植物

京都市動物園

きょうとしどうぶつえん

f:id:uki2horiko:20080517151212g:image:w350:right

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)

2003年(平成15年)に開館100周年をむかえた、京都府京都市左京区岡崎にある市立動物園京都市動物園の開園は明治36年(1903年)であり、関西では最初の、日本では2番目に設置された動物園である。

繁殖に力を入れており、日本初の繁殖成功がたくさんある。日本初繁殖の成功例として、哺乳類(ほにゅうるい)でライオン、トラ、ニシローランドゴリラ、シロテナガザル、ヨーロッパバイソン鳥類(ちょうるい)でシュバシコウ、クロエハクチョウ、ベニイロフラミンゴオオミズナギドリ、ムジヒメシャクケイ、爬虫類(はちゅうるい)はフロリダニシキヘビ、アカアシガメがある。特に、ローランドゴリラでは日本初の繁殖に成功しただけでなく、日本で唯一の3世代飼育に成功している。

見どころ

2006年(平成15年)には職員がエンリッチメント大賞を受賞。(エンリッチメント大賞とは、飼育下の動物たちの環境を特に豊かにした試みに送られる賞のこと。)キリンのマッサージ棒、オマキザル舎の変な仕掛け(ヤシの実ぐるぐる)など独自のアイデアで動物と人のどちらもが楽しめる仕掛けがある。

動物図書館

  • 施設詳細:児童書から図鑑や専門書まで,動物に関する書籍を約6,000冊所蔵。閲覧のみで貸し出し不可。
  • 開架冊数:約2,000冊・閲覧席:24席
  • 開館時間:9:00〜16:30(3月〜11月)・9:00〜16:00(12月〜2月)

動物資料室

  • 施設詳細:飼育していた動物をはじめ,貴重な動物を標本(標本骨格標本,剥製,レプリカ等)にして展示。
  • 開館時間:9:00〜16:30(3月〜11月)・9:00〜16:00(12月〜2月)

おとぎの国

  • 施設詳細:ヒトと動物,同じ生き物どうしの「ふれあい」の場。よく慣れた家畜などの動物たちを間近で観察したり,直接触れることができる。
  • おとぎの国の住人:ロバ、羊、鶏、ウサギフクロウ、ミニぶた他
  • 開館時間:午前 10:30〜11:20・午後 13:30〜14:30

アクセス

交通手段

開館時間

  • 3月〜11月の期間 9:00〜17:00
  • 12月〜2月の期間 9:00〜16:30 (入園は開園30分前まで)

入園料金

  • 一般 500円 (団体30名以上 400円 )
  • 中学生300円

※小学生以下,土・日曜日の市内中学生,市内70歳以上の京都市敬老乗車証等をお持ちの方は本人無料,

 市内70歳以上の介護保険被保険者証をお持ちの方は本人及び介護者1名無料,

 身体障害者手帳療育手帳,戦傷病者手帳,被爆者健康手帳精神障害者保護福祉手帳等を

 お持ちの方は本人,及び介護者1名無料 (動物園入口にて上記証明書をお見せください。)

休園日

  • 月曜日 (月曜日が祝日の場合はその翌日)
  • 年末年始 (12月28日〜1月3日)