狭軌

一般

狭軌

きょうき

鉄道線路の軌間の区分の一つ。narrow gauge

広義の「狭軌」

標準軌より狭い軌間の総称。国際標準軌(1,435mm)からみれば、1,372mmも1,067mmも762mmも全て狭軌である。

狭義の「狭軌」

特に、1,067mmの軌間のこと。

日本では博多南線奥羽本線福島新庄大曲秋田の一部)・田沢湖線を除く全在来線東急*1東武西武相鉄名鉄やほとんどの中小私鉄が採用している。

日本では殆どの路線がこれである。

この意味で1,067mm軌間を「狭軌」と呼ぶ場合、さらに狭い762mm軌間のことは「特殊狭軌」と呼ぶことがある。