群書類従

読書

群書類従

ぐんしょるいじゅう

塙保己一編、江戸時代の1819年(文政2年)完成、正編1270種530巻666冊からなる日本最大の国書の叢書。

盲目の国学者塙保己一古書の散逸を危惧し、41年の年月を掛けて集輯・編纂。幕府や諸大名、寺社など多くの機関や人々が協力して、江戸初期までに刊行された史書や文学作品を所収。その後の歴史学国文学等に多大な影響を与え、学術研究に貢献している、今なお非常に貴重な叢書である。

続編「続群書類従」は2103種1150巻1185冊、編者塙保己一は死去、子の忠宝は暗殺、そののち孫の忠韶に編纂が受け継がれ、孫の代の明治44年・1911年に完成した。正編と同様、のちの学界に大きな影響を与えた。